カテゴリー
ブログ

【ニュージーランド】ロックダウン中の教育体制

コロナウイルスによるロックダウン中、ニュージーランドでは、どのような教育が行われていたのか。”Distance Learning” (ディスタンス ラーニング)とは?

こんにちは、現地サポートスタッフのAyaです。

先日の記事でニュージーランドの警戒レベルが2へ引き下げられたというお話をさせていただきました。それを受け、児童・生徒たちは幼稚園、保育園、学校へ通うことができるようになりました。専門学校や大学生も通学が可能になりました。(各機関により対応は異なっており、段階的に元に戻していくという対応になるところが多いようです。)

現在は、通えるようになった学校ですがレベル3,4の際は、児童・生徒たちは全員自宅での学習を余儀なくされました。(現在も少しでも具合の悪い児童・生徒、検査中の児童・生徒は、自宅学習をしなくてはいけません。)今日は、コロナウィルスによるロックダウンの中ニュージーランドでは、どのような教育体制があったのかを紹介したいと思います。

児童、生徒たちが完全に学校に通うことができなくなったのは、3月25日に警戒水準が最高の「レベル4」になったことを受けてでした。その後、ニュージーランドの教育庁によると4月15日には、ニュージーランドにある学校の半数がオンラインでの学習の準備ができており、”Distance Learning”(ディスタンスラーニング)の準備が整ったとのことです。

”Distance Learning”(ディスタンスラーニング)とは、具体的にどのようなものか? - 紹介していきます。

  • テレビチャンネル

4 月 15 日から、ホームラーニング |パパ・カインガ TV が毎日午前 9 時から午後 3時まで放送。幼稚園から Year10 までの子どもたちが対象。

幼稚園児向けと学年別に分けられた放送内容には、遊び、英語、数学、科学、マオリ語、体育保健が含まれています。それぞれの教材は、経験豊富な教師や番組進行役、保健・運動の専門家によって作成されています。

  • オンライン教材 主に3つのオンライン学習WEBサイトが開設されました。

保護者、家族や教師、地域リーダーのために、幼児から高校高学年までにわたる教材を提供。

  •  教科書・教材パック

児童、生徒の学習プログラムに応じて、学習支援のための教科書・教材パックが必要に応じて自宅に届く。担任教師がその使用方法についてご説明。※ 教科書・教材パックは自宅学習者全員に支給されるものではありません。

全ての児童・生徒が上記のDistance Learningのうち、少なくとも1つの学習方法を使えるように、学校、教育庁が準備を行ったということです。

先週から、短縮日課等で学校もスタートしているようです。近所の学校でも、子どもたちが元気に外で遊んでいる姿があります。

今回は、現地学校のお話しを中心にさせていただきましたが、各語学学校でもオンライン学習の体制がすぐ整った印象を受けました。

COVID-19のような予期せぬ危機の中でも早急に児童・生徒が学習できる体制をつくった国、ニュージーランドでの留学に興味がありましたら、ぜひGina & Partners ホームページFacebookフォローください。今後も色々な情報をシェアしていきます。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670