ブログ Blog

  • 2018/04/19 活躍する先輩
  • インターン生の一日㉑:Megumuさんの場合

笑顔が印象的なMegumuさん、日本でもバリバリのホテルウーマン:)
半年間休職して、オークランドにある老舗ホテル Cordis(旧Langham)で海外有給インターンシップに参加していただきました。
既に帰国されて、元の職場に復帰されていらっしゃいますが、半年間の体験談を寄せていただきました。

====
わたしはニュージーランドに到着後、語学学校などに通うことはせず、AucklandにあるCordis Auckland(旧Langham hotel Auckland )のレストランでウェイトレスとして、インターンをさせていただきました。
海外への留学経験はあるものの、働くというのは初めてで、やはりレストランの専門用語を英語でマスターするのに初めは苦労しました。それでも周りのスタッフのサポートや実践を通して、素晴らしい経験を積むことができました!


 

5:15 起床
滞在先がホテルから近く、とても助かりました。

6:00 始業
わたしの働いていたレストランは24hオープンしていますが、ブッフェは時間が限られており、朝食は6時にスタートします。
出勤後、まず引き継ぎを読み、自分のセクションを確認してから残りのテーブルセッティングやセクションを開く等をします。11時の朝食終了までの間に10分間のコーヒーブレイク有。

★主な業務
・ドリンクのオーダーを受ける
・テーブルの片付けやカトラリーの交換
・アラカルトオーダーを受ける、提供する
(メニューによっては一部、自ら料理の用意を行う)

細かいリクエストなどがある場合は、機械への入力だけでなくシェフへ伝えるなどしっかりとゲストの希望に合ったサービスを提供することを心がけていました。
また、朝食は続々とゲストがやって来る為、スピードが求められます。
同じセクションのスタッフとコミュニケーションを取ることが非常に大切になってきました!
さらに、業務の合間を縫って、ランチ営業の準備をします。

11:00 ~ 11:30 ランチタイム
社内にあるカフェテリアにてランチ。スタッフ同士でわいわい話をしながら昼食を取ります。他の部署のスタッフともテーブルが一緒になったりと話すきっかけになりました!

12:00 ランチ営業開始
主な業務は同じですが、ランチはより大きなグループが来店したり、ドリンクやアラカルトオーダーも増えたりします。新しいスタッフとペアになると、英語で指示出しをしながらゲストの対応をする場面もあり、大変でしたが同時にやりがいも感じることが出来ました!業務に慣れてきたら、ゲストとの会話も段々と楽しむことが出来るようになり、より英語を使う機会も増えたように思います。

14:30 ランチ営業終了
営業終了後にディナーのスタッフへ引き継ぐ為、予約に合わせてテーブルセッティングの変更、ナプキンやカトラリー等足りないものは全て補充します。
忙しい時は営業中に一切これが出来ず、終了後に行うとなると意外と大変。役割分担をし、引き継ぎを終えて、スーパーバイザーのOKをもらって帰宅という流れでした。

※ディナーのシフトへ入っていた期間もありますが、その場合は16:45~24:00くらいの勤務形態でした。

勤務終了後や休日は、現地のスタッフ同士で食事やショッピング、ビーチ等へ出かけて息抜き。友人もたくさん出来ました!インターンが始まる前にジーナ&パートナーズの担当者の方に「みんな帰る頃には、帰りたくないと言うよ」と聞いていましたが、NZに来た当初は日本が恋しいと思うこともあり、信じていませんでした(笑)
しかし、既に半分を終了したあたりから帰りたくないかも?と思い始め、帰国の際はまさに仰っていた通りの結果に、、、。半年と決して長くはない期間でしたが、滞在期間中にホテルのリブランドという節目に携わることができたり、最後に念願だったレセプションでの勤務の体験をさせてもらったり、有意義な時間を過ごす事ができたと思います!

ひとつアドバイスをさせて頂くなら、、、海外へ興味がある方は、同時に日本のことにも興味をもってみるといいと思います!
なぜなら、現地の方からの質問はやっぱり日本に関する事がとっても多いです。せっかくの会話のチャンスを”わからない”で終わらせない為にも、ぜひ改めて日本のことも学んでみてください!




====
Megumuさん、ありがとうございます:D

やはり最初は、日本が恋しくて帰りたいと思ったようですね。旅行と違って、海外で生活・仕事をすると、最初は慣れないことことから、寂しく感じたりホームシックになったりすることは、多くの方がぶち当たる壁です。そうなったときは、やはりご自身が何を目指してきているのかを一度思い出して、限られた滞在期間を無駄のないように、強い気持ちを持つことがステップアップの鍵ですね。
壁を乗り越えた先に、全く違う風景が広がっていることを信じて努力すれば、きっと成長した自分に出会えます。


この海外インターンシッププログラムついての詳細は以下をご覧ください8-)
https://www.ginapartners.com/page/intern.html

この記事を共有する!