ニュージーランドでのお金の持ち歩き方

こんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。
皆さんは普段、買い物をする時、現金で支払いをしていますか?それともクレジットカードや電子マネーカードを使っていますか?
私が日本で生活をしている時は、ほとんど現金で支払いをしていました。お財布の中にも必ず現金が入っていました。

しかし、ニュージーランドに来てからというもの、現金を持ち歩くことがほぼなくなりました。ここ数週間、買い物はしていますが、現金での支払いは一切していません。

では、どうやって支払いをしているかというと。。ニュージーランドで一番主流の支払い方法はeftpos(エフトポス)です!
eftposとは、日本でいうデビットカードのようなものです。クレジットカードのように後日、請求書が届くのではありません。eftposで支払いをすると、その場で銀行口座から代金が引き落とされますので、銀行口座に残高がないと支払いはできません。

もちろんキャッシュカードなので、ATMでお金を引出すことも可能です。しかし、eftposで支払うにあたり、手数料は発生しません。また、ニュージーランド国内のほぼ、どのお店でも利用できます。ということで現金を銀行に引出しに行くことがどんどんなくなり、キャッシュカードのみを持ち歩くようになりました。

eftposを使うためには、ニュージーランドの銀行で口座を開設ことが必須です。銀行から発行されるキャッシュカードにeftpos機能を付けてください!とお願いをすれば手続きは完了です。

最近では、Paywave(ペイウェイブ)というキャッシュカードを機械にかざすだけで支払いが完了するシステムの導入が進んでいます。電車、バスに乗る時にカードをタッチする感覚で、買い物もできるようになってきています。さらに便利になりそうですよ。ワーキングホリデー、学生ビザを取得して、長期的にニュージーランドに滞在される方は、現地での銀行口座の開設をすることができます。
短期で留学される方は、滞在中の支払いは現金になりますが、クレジットを一枚持っておくと便利です。

ニュージーランドで学ぶ・働く!
ワーキングホリデープログラム詳細はこちら → Gina & Partnersのニュージーランドワーキングホリデー

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

メニューを閉じる