カテゴリー
最新情報

ニュージーランドのカフェ事情とバリスタスキル

皆さん、こんにちは!
ニュージーランドには、お洒落なカフェがたくさんあります。
コーヒーの種類も多く、何を頼んだらいいのか、迷ってしまいます。

実は、日本のコーヒーとニュージーランドのコーヒーでは、名称などに少し違いがあります。
私も初めてコーヒーを注文しようとした時に、日本と異なるコーヒーのメニューに戸惑ってしまいました。

カフェの店員さんに「ミルクが入ったコーヒーを注文したいのですが・・・」と聞いた時のことです。
ニュージーランドでは、ミルク入りのコーヒーにも様々な種類があり、コーヒー、ミルク、お湯の割合がそれぞれ違うことを教えてもらいました。
今日は、そんなニュージーランドのコーヒー事情をご紹介したいと思います!

◎ 牛乳が苦手な方には・・・
Espresso
 極細挽きにしたコーヒー豆から抽出したコーヒーです。
 注文すると、ごく少量のコーヒーが小さいカップに入って 出てきます。
 よほどのコーヒー好きにしかおすすめできないほど、濃厚なコーヒーです。

Long Black
 Espressoをお湯で割った、わりと濃い目のブラックコーヒーです。

Americano
 Long Blackよりも、少し薄めのブラックコーヒーです。

◎ミルクが入っているコーヒーがお好きな方には・・・
Latte
Espressoに、蒸気で温めたたっぷりのフォーム状のミルクを注いだコーヒーです。
基本的には、ミルクの量がとても多いのが特徴です。

Flat White
ニュージーランドで、とてもポピュラーなコーヒーです。
Latteよりもミルクのフォームが少ないので、よりEspressoの味を感じることができます。

Cappuccino
Espressoに、蒸気で温めたフォーム状のミルクを注いだコーヒーです。
フォームの上には、ココアパウダーを振り掛けます。

Mochaccino
Cappuccinoに少しチョコレートシロップを足した、若干甘めのコーヒーです。

◎最後に、コーヒーが苦手な方におすすめなのが・・・
Hot Chocolate
チョコレートシロップをミルクで割った、日本でいうココアのような飲み物です。

ここに挙げたのが、ニュージーランドの代表的なコーヒーの種類です。
実は、まだまだたくさん種類はあるので、是非、カフェに足を運んで、お気に入りの一杯を見つけてください。

そして、コーヒーに詳しくなったら、コーヒーを作る側・・・バリスタとしてカフェで働く事ができるチャンスがあるのです!
どこの国でも、何か特殊なスキルがあれば、更に仕事の幅が広がります。
せっかくの海外生活、少しでも多くのスキルを習得して、さまざまな経験をしてみてはいかがでしょうか?

当社では、このバリスタの勉強ができるプログラムもご用意しています。
コーヒーについて学び、実際にエスプレッソマシーンで様々なコーヒーの作り方を習得します。

コーヒー、カフェ文化が根強いニュージーランドでは、ほとんどのレストランでコーヒーを提供しています。
例えば、当社の有給インターンシップでレストランに配属された場合、コーヒーを作ることができるスタッフは、大変重宝されます。

バリスタのスキルの習得に興味をお持ちの方は、バリスタコースを開講している語学学校をご紹介します。

スキルも磨けるワーキングホリデープログラムはこちらから→Gina & Partnaersのワーホリプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670