ニュージーランド英語の訛りと特徴について

留学で気になる、英語の訛りとは?

みなさん、こんにちは。
現地スタッフの理恵です。

質の高い英語教育を受けられることで有名なニュージーランドですが、今回は現地で話されている英語の特徴についてお伝えします。日本国内でも日本語の方言が存在するように、英語も英語圏の国により訛り(アクセント)や独自の言い回しなどが存在します。日本国内だけの方言とは違い、英語の場合は世界中の様々な地域で話されており、国により特徴があり、さらにその国の地域には方言が存在するという、多種多様な言語です。

ニュージーランドはイギリスの植民地だった歴史的背景から、言語面でもイギリス英語の影響を受けながらニュージーランド英語(Kiwiと呼ばれています)へ発展しました。英語のスペルもイギリス式です。(イギリス英語とアメリカ英語では、スペルが若干違う単語があります。)アクセントに関しては、どちらかというとアメリカ英語よりイギリス英語により近いと言われています。しかし、独自のイントネーションや、ニュージーランドのもう一つの公用語マオリ語の発音の影響がみられることから、イギリスで話されている英語とはアクセントも言い回しも異なります。

留学を考えている方から、「ニュージーランドで英語を勉強する上で訛りは支障になりますか?」という質問をよく受けます。語学学校の講師陣は、ニュージーランド人だけではなく、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアといろんな国籍の方がいます。留学生が標準的な英語を習得するために設計されたカリキュラムが用意されていますので、英語の勉強に支障をきたすことはないと言えるでしょう。

しかし、元々多民族国家のニュージーランドでは、英語が第一言語でない場合も含めて、日常的にいろんな訛りのある英語を耳にします。他国からの留学生やホストファミリーとの会話においては、耳が慣れるまでは、聞きなれない訛りやアクセントに戸惑うこともあるかもしれません。また、職場でも色々な英語が飛び交います。テレビ番組も同様で、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパ、アジアの番組がたくさん放送されています。
そのような環境で色々な英語に触れることは、より実用的な英語を身につける機会になることでしょう。

色々な人種、言語、文化のバックグラウンドを受け入れながら、人々は生活をしています。そんな様子を見ていると本当に大事なのは、英語のアクセントではなく、コミュニケーション力で、またそれを差別なく受け入れてくれる社会だと思います。なので、個人的には英語の訛りは気にしすぎる必要はないと思っています。

学びのチャンスに溢れる国!ニュージーランド留学はこちらから
→ Gina & Partnersのニュージーランド留学

メニューを閉じる