カテゴリー
最新情報

ホテルの新人社員研修レポート

皆さんこんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。

先日、QueenstownにあるMillbrook Resortの新人社員研修にお邪魔して、取材をさせていただきました。

Millbrook Resortは、Queenstownの街中から20分程離れた所に位置する高級リゾートホテルです。ホテルの客室は全て戸建で、敷地内にレストラン、ゴルフコース、テニスコート、ジム、屋外プールなどがあります。

MillbrookでResortは、社員研修にも力を入れており、新人社員研修のプログラムも非常にすばらしいものでした。
研修は、仕事を始めて間もない社員が15名集まられ、自己紹介から始まりました。出身国は多様で、スウェーデン、アイルランド、インド、ブラジル、オランダ、ニュージーランド、日本(記憶している以外にも他国出身者が参加。)から。参加者全員が、いつからどこの部署で働いているか、Millbrook Resortの好きな所を必ずひとつ発表することになりました。

敷地内に野生の鴨がたくさんいることから、「Millbrookの好きな所は、かわいい鴨に毎日会える事です。」と答えた方もいらっしゃいました。笑いもあり、新人社員同士が打ち解けるにはもってこいの機会だと思いました。

その後はホテルの歴史、設備、サービスの説明、各部署の役割などの説明がありました。続いて、実際に敷地内を歩き、各部署を周りました。
終始和やかで、いろいろな事を丁寧に教えてもらえる素晴らしい研修でした。

先月から、このホテルのFood & Beverage(レストラン部門)にて、日本からのインターンシップ生が働いています。
研修終了後は、職場で困った事があった時にどこで、誰に相談をしたらいいのか等、わからなかった部分が明確になり、さらに安心して仕事に取り組むことができるようになったと思います!

ニュージーランドのホテルで働いてみませんか?
学ぶ!働く!有給インターンシップの詳細はこちらから → ニュージーランド有給インターンシップ



留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランド 人気のお土産

皆さん、こんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。今日は、ニュージーランドならではの特産物、喜ばれるお土産について書きたいと思います。

マヌカハニー

最近は、日本の健康番組でも良く取り上げれているのではないでしょうか?
マヌカハニーとは、ニュージーランドに生息するマヌカの花の蜜から作られた蜂蜜です。マヌカには高い殺菌、抗菌作用がある事で知られています。もともとニュージーランドの原住民マオリ族は、マヌカの葉や樹液を薬として用いていました。

そんな抗菌作用成分の入ったマヌカハニーは、現在も健康食品として、ニュージーランド人に愛用されています。
お腹の中のピロリ菌に効果があると言われています。風邪の引き始め、喉の痛みを緩和してくれます。

プロポリス

養蜂が盛んなニュージーランドでは、プロポリス製品を非常にたくさん目にします。
プロポリスとは、蜂の巣の中にいる蜂の赤ちゃんを守るための膜です。プロポリスの膜があることにより、巣の中に菌が入り込む事を防ぐ事ができます。マヌカハニーと同様に天然の抗菌作用があるのです。

このプロポリスを使った製品はサプリメント、化粧品など、たくさんあります。中でもおすすめなのが、プロポリス歯磨き粉です!虫歯予防の効果があると言われています。歯科治療費が高いニュージーランドでは、多くの人が毎日のケアとして使っていますよ。

ワイン

ニュージーランドでは、ワイン生産に適した気候と土地が多いことから、とても質の良いワインを作ることができます。世界的にも有名なワイン農家が多く存在します。日本ではなかなか手に入らないワインを安値で購入することができます!

オーガニック製品

オーガニック先進国のニュージーランドでは、食品や化粧品にオーガニックを取り入れることが進んでいます。週末のマーケットに足を伸ばせば、手作りの石鹸や化粧品を多く見かけます。ニュージーランド発祥のオーガニックブランドの化粧品も大変人気が高いです。

これらのお土産は喜ばれること間違いなしです!参考になれば幸いです。

2週間から参加可能な留学プログラムについてはこちらから→ Gina & Partnersのニュージーランド留学

皆様からのお問い合わせお待ちしております。



留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドへ持っていく、おすすめの日本のお土産

こんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。

ニュージーランドへ到着後、最初の滞在先としてホームステイをおすすめしています。右も左もわからない土地で、現地の方が側にいてくれるのは心強いですよね!

これからお世話になります!ということで、ホームステイ先へお土産を持って行きたいと思う方も多いのではないでしょうか?決して高価なお土産である必要はありません。そして、お土産を持っていかなければいけないという決まりもありません。しかし、これからどうぞよろしくお願いします!という気持ちで、気軽に渡せて、喜んでもらえるお土産をいくつか紹介したいと思います。

*100円ショップの商品

お土産なのに100円ショップか。。と思われるかもしれません。けれども日本の製品は、ニュージーランドの製品と比べると驚くほど質が良くて、低価格なのです。先日、ニュージーランドのテレビでも、日本の100円ショップの商品が紹介されていました。キッチン便利用品や和柄の手ぬぐい、マグネット、扇子などがおすすめです!

*折り紙

小さい子供がいるホストファミリーの場合、一緒に折り紙をしながら遊ぶことができるので、おすすめです!一緒に遊ぶ前に折り方のおさらいだけしておくと良いと思います。

和柄の小物

これは女性へのお土産。日本らしい和柄の小物は喜ばれます。小さな手鏡やポーチ、リップクリームを入れるケースなどがいいでしょう。

日本の風景の絵葉書やポストカード

日本の四季の風景や桜、富士山、そして、ご自身の出身地の風景など。ホストファミリーと話をするきっかけにもなると思います。

日本のお菓子も大変喜ばれるので、抹茶味のチョコレートなどもおすすめです。しかし、ニュージーランドは食べ物の持ち込みに大変厳しい国です。どんな食べ物でも必ず申告が必要になります。もしお土産の他に、食べ物を持ち込まないのであれば、お土産は食べ物以外にするのがいいでしょう。

2週間から参加可能な「ニュージーランド留学」プログラムについてはこちらから
https://www.ginapartners.com/study-abroad/

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドでのお金の持ち歩き方

こんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。
皆さんは普段、買い物をする時、現金で支払いをしていますか?それともクレジットカードや電子マネーカードを使っていますか?
私が日本で生活をしている時は、ほとんど現金で支払いをしていました。お財布の中にも必ず現金が入っていました。

しかし、ニュージーランドに来てからというもの、現金を持ち歩くことがほぼなくなりました。ここ数週間、買い物はしていますが、現金での支払いは一切していません。

では、どうやって支払いをしているかというと。。ニュージーランドで一番主流の支払い方法はeftpos(エフトポス)です!
eftposとは、日本でいうデビットカードのようなものです。クレジットカードのように後日、請求書が届くのではありません。eftposで支払いをすると、その場で銀行口座から代金が引き落とされますので、銀行口座に残高がないと支払いはできません。

もちろんキャッシュカードなので、ATMでお金を引出すことも可能です。しかし、eftposで支払うにあたり、手数料は発生しません。また、ニュージーランド国内のほぼ、どのお店でも利用できます。ということで現金を銀行に引出しに行くことがどんどんなくなり、キャッシュカードのみを持ち歩くようになりました。

eftposを使うためには、ニュージーランドの銀行で口座を開設ことが必須です。銀行から発行されるキャッシュカードにeftpos機能を付けてください!とお願いをすれば手続きは完了です。

最近では、Paywave(ペイウェイブ)というキャッシュカードを機械にかざすだけで支払いが完了するシステムの導入が進んでいます。電車、バスに乗る時にカードをタッチする感覚で、買い物もできるようになってきています。さらに便利になりそうですよ。ワーキングホリデー、学生ビザを取得して、長期的にニュージーランドに滞在される方は、現地での銀行口座の開設をすることができます。
短期で留学される方は、滞在中の支払いは現金になりますが、クレジットを一枚持っておくと便利です。

ニュージーランドで学ぶ・働く!
ワーキングホリデープログラム詳細はこちら → Gina & Partnersのニュージーランドワーキングホリデー

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドの仕事環境

こんにちは。 現地スタッフの理恵です。
仕事とプライベートのバランスを重視するニュージーランドでは、仕事はしっかり頑張り、プライベートもしっかり楽しむことを大切にしています。日本で生まれ、日本で育った私にとって、残業や休日出勤などはあたりまえでした。ただ、もっと自分の時間があったらなと思うことはありました。

そんな私も一念発起して、ニュージーランドに渡航。仕事を始めたわけですが、ニュージーランドの仕事環境には、驚きの連続でした。

ニュージーランドでの仕事初日、9時に出勤でした。早めにと思い、8時45分に会社に到着しましたが、誰もいません。8時50分を過ぎても、誰も現れません。。日時を間違えたのかと、何度もメールを見直しましたが、確かにその日時で合っています。不安の中、さらに待つ事数分。やっと会社のオーナーが出勤してきました。その時に言われたことは、おそらく一生忘れないと思います。


●オーナー  もしかして、僕が来るの待ってた?何時に来たの?


●私           8時45分です。


●オーナー  えー!早く来すぎだよ。3分前でいいから。


●私           !!!!!!


よかれと思い、早く出勤したのですが、どうやら早すぎたようです。

あくまで、私の経験なので、ニュージーランドの会社がどこもそうなのかは、わかりません。しかし、周りを見渡す限り、残業続きで深夜帰宅という話は耳にしません。

仕事が終わったら、家族と時間を過ごしたり、ジムに行ったり、習い事をしたり、それぞれのプライベートな時間を楽しんでいます。

そんな仕事とプライベートの On / Off をしっかり区別できるのは、ニュージーランドで働く大きなメリットのひとつです。

どうでしょう。ニュージーランドでお仕事体験にチャンレジしてみませんか?

ワーキングホリデービザを利用した、ニュージーランドでの有給インターンシップはこちらから。
https://www.ginapartners.com/intern/
皆様からのお問い合わせお待ちしております。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドの治安について

こんにちは。現地スタッフの理恵です。
ニュージーランドと聞いて、恐らく一番多く語られる話が、羊の数が人の数よりも多い国。ではないでしょうか?

これは本当の話です。(羊:人=6:1) そして、そんな話を聞くと平和なイメージが湧いてきませんか?そのイメージ通り、ニュージーランドは世界的に見ても比較的治安が良い国といえます。

私のニュージーランド生活は3年半になりました。幸運にも危険を感じたことはまだ一度もありません。。
道を聞けば親切に教えてくれるし、何かを盗まれるようなこともありませんでした。しかしながら、夜の一人歩きは避け、遅くなった時はタクシーで帰る。知らない人からの誘いには安易に乗らない。貴重品を置きっぱないしにしない。高価な物や高額な現金は持ち歩かない。ということは常に徹底しています。

ニュージーランドは、凶悪犯罪の少ない国です。銃社会でもありません。そのため、治安が良いとされているのですが、実は置き引き、スリ、車上荒らしの数は少なくありません。私の友人は空港でスーツケースの上に置いておいたカメラから目を離した数分の内に、盗難に合うということがありました。また、レストランでは料理を注文して、テーブルに戻ってきたら鞄がなくなっていたということも聞いたことがあります。

どこの国に住んでいても、何が起こるかわからないということは同じです。普段から油断をせずに、しっかり自己管理を心がければ、未然に防げることもできます。自分の安全を自分で確保する努力は、非常に大切な事ことですよね。

私もニュージーランドは、平和で治安の良い国だと思っています。人も親切で、非常に住みやすい国です。ただ、より充実したュージーランド生活を送るためには、油断は禁物です!

2週間から参加可能!ニュージーランド留学についてはこちらから。
https://www.ginapartners.com/study-abroad/

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドのバス事情

こんにちは。現地スタッフの理恵です。
ニュージーランドでの主な公共交通手段をご存知ですか?電車が走っている都市もあるのですが、どこの都市でも、より細かいエリアをカバーしているバスが最も便利です。
私は学生時代、日本でバス通学をしていました。バス停で待っていると、ほぼ時間通りにバスが到着し、車内アナウンスで各バス停を何度も詳しく案内してくれました。とても快適なバス通学だった記憶があります。

しかし、ニュージーランドでは少々事情が異なり、バスを利用する時に少しだけ注意が必要なのです。
まず、バスに乗る時ですが、バス停に立っているだけではバスは止まってくれません!どうしたら止まってくれるのか?

この写真のように、バスが見えたら「私バスに乗ります!」と運転手さんに知らせてください。これをしなかったために、バスが何度私の前を通り過ぎたことか。。皆さん、ご注意ください。

バスを降りる時ですが、ニュージーランドのバスは各バス停に必ずとまるわけではありません。バスに乗る人と降りる人がいるバス停のみに停車します。降りたいバス停が近づいてきたら、車内のボタンを押します。私は、この建物をすぎたらボタンを押すなどと自分の中で目印を作っていました。

時刻表についても、日本よりも少し余裕をもたせてください。時間通りにバスが来ないということも珍しくありません。道が空いていたという理由で、時間よりも早く来る事もありました。

また、バス乗車には電子カードを利用することをおすすめします。各都市でバスカードの購入ができます。カードを購入し、お金をチャージします。乗車する時にピッ。降りる時にピッ。ニュージーランドでも同様です。カード利用によって、割引料金でバスを利用することができるのもメリットです!

以上、ニュージーランドのバス事情でした。

これで、皆さんも安心してニュージーランドで過ごすことができるでしょう。ぜひ、NZへ。

ニュージーランドで学ぶ・働く!

ワーキングホリデープログラムはこちら → Gina & Partners ニュージーランドワーキングホリデー

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランド出発前までに、準備をしておくとよいこと

こんにちは。現地サポートスタッフの理恵です。

ニュージーランドへの渡航、ワーキングホリデー、インターンシップ・・・一生の内に何度もできることではありませんよね!ニュージーランドで、より充実した生活が送ることができるように、私の経験を踏まえ、出発前に準備をしておくよいと思うことをお伝えしたいと思います。

*日本文化のおさらい

親日国ニュージーランドでは、日本に興味を持ってくださる人がたくさんいます。そんな人たちに出会った時、もっと日本のことを教えて〜!とばかりに、質問攻めにあうことがあります。そんな時、おすすめの旅行場所、日本文化、歴史など、(私は恥ずかしながら、人口を聞かれた時に、英語で答えることができませんでした。)全てを細かく語れるようになる必要はないですが、少しだけおさらいをして英語で簡単に説明ができるようにしておくと、さらに親交が深まり、会話も弾みますよ。

歯医者に行っておく

ニュージーランドの歯科治療は非常に高額です。親知らずを抜くだけでも何十万円も費用がかかります。そのため、日本に一時的に帰国し、歯の治療をするというケースを過去に何度も見てきました。そして、歯の治療には時間がかかることもあります。渡航が決まったら必ず歯医者さんで検診を始めてください。

英語資格テストを受けておく

日本出発前に、今の英語力はどれくらいか、また苦手分野はどこかということを知っておくと、滞在中にこれくらいスコアを伸ばそう!苦手分野の勉強に力を入れよう!など、渡航後の目標が立てやすくなります。また、帰国後に同じテストを受けると、どれくらい伸びたのかも確認しやすいですね。

英語の勉強を始める

語学学校に通っていた時に気づいたのが、日本人は読み書きは得意だけれども、話す聞くことが不得意だということでした。英語でコミュニケーションを取る上で、相手が言っていることがわからなければ会話は始まりません。出発前に、耳を少しでも英語に慣らすために、英語の映画やドラマなどを見るとリスニングの強化につながります。英語音声で英語の字幕を出しながら見ると頭に入りやすいですよ。

ニュージーランドについて調べておく

ニュージーランドの一般情報や主要都市について、情報収集をしておきましょう。インターネットでも手軽に情報収集ができますが、「地球の歩き方」などのガイドブックを一冊持っておくと、基本的な情報を把握することができ、滞在中にも役立ちます。
日本文化のおさらいと同様、留学国の知識を深めておくことは、会話や生活上でも役に立つことでしょう。

以上、出発前にやっておくとよいことでした。

夏休み・春休みを利用して短期留学をしてみませんか?

詳細はこちら→ Gina & Partnersの短期留学プログラム

皆様からのお問い合わせお待ちしております。


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドのホームステイ事情

こんにちは 現地サポートスタッフの理恵です。
今回はニュージーランドのホームステイ事情について、お伝えしたいと思います。

初めて海外で生活をするにあたり、右も左もわからないまま宿を自分で探したり、初日から自炊が必要な宿に入るのは不安ですよね。
当社では初めの滞在先として、ホームステイをおすすめしています。ホームステイとは、現地に住んでいる方々の家で一緒に共同生活をするという滞在方法です。

皆さんの滞在を受入てくれるホストファミリーはどんな方々かといいますと、それは家庭によって本当に様々です。ニュージーランドは国際色豊かな国なので、英語環境ではありますが、ホストファミリーがニュージーランド人とは限りません。
そして、離婚率50%以上のニュージーランドでは、ホストファミリーがシングルマザーという事も珍しくありません。

また、日本のようにお風呂に浸かる習慣がないので、基本的にはシャワーのみの生活になります。ホームステイ先を手配する際、ペットや子供のいる家庭などの希望は伺いますが、基本的にホストファミリーを選ぶ事はできません。
(※食べ物のアレルギーや健康上の問題をお持ちの場合には、その点を考慮してホームステイ先が選定されますので、事前に担当カウンセラーにご相談ください。)

と。。現実的な事ばかり並べてしまうと、ホームステイに対する不安が大きくなっていまいますが、ホームステイのメリットはたくさんあります。

生活に慣れない中で、いざという時、助けてもらうことができます。バスの乗り方など、わからない事があればすぐに聞く事もできるのです!ニュージーランド到着後すぐに、英語環境に入れるということで、英語の勉強にはもってこいの環境です。
さらに、英語だけではなく、ホストファミリーからニュージーランド文化、風習などを学ぶこともできます。ホームステイ費用には、食事(平日:朝、夕食 週末:朝、昼、夜食)が含まれています。そして、生活に必要になる基本的な備品は揃っているので、到着後すぐに買物に行く必要もありません。
ホストファミリーと良い関係を築くこともでき、帰国後もずっとやり取りを続けているという話も多く聞きます。

ホストファミリーと生活をしていく中で、日本ではありえない!と思うことも多々あるかと思いますが、一旦、日本での生活を忘れ、ホストファミリーとの生活スタイルにとことん浸かってみることをおすすめします。

夏休み・春休みを利用して短期留学をしてみませんか?
詳細はこちら→ Gina & Partnersの短期留学プログラム

皆様からのお問い合わせお待ちしております

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

NZ First Babyが誕生

6月21日、ニュージーランド待望のロイヤルベイビーならぬ、First Babyが誕生されました。

昨年、史上最年少女性首相として、37歳の若さでニュージーランドの第40代総理大臣に就任したジャシンダ・アーダーン首相が第一子になる女児を出産したのです。これから6週間の産休を取られます。
アーダーン首相は昨年の選挙期間中に支持率が低迷していた労働党の党首に就任され後、支持率を急回復させました。選挙の結果、超過半数の議席を獲得した政党はなかったため、連立政権を組まなければなりませんでした。与党政権の国民党に議席数が及ばなかったものの、第二党の労働党がニュージーランド・ファーストと連立政権の樹立に合意し、閣僚経験のないアーダーンが首相に就任しました。
この連立政権に向けて他党と話し合い中に、妊娠に気づいたそうです。就任直後に、メディアレポーターから「子供がほしいですか?」という質問に、「この時代ではそういった質問に答える必要はない」と一蹴したのが印象的でしたが、妊娠を公表してからも精力的に仕事をこなし、欧州歴訪もされました。その働きぶりには、多くの国民が共感を覚えました。

アーダーン首相は結婚しておらず、パートナーのクラーク氏とは事実婚関係です。アーダーン首相は産休後に仕事に復帰されますが、クラーク氏が家で育児に専念するそうです。
ニュージーランドは性差別や年齢差別を含め、あらゆる差別をなくそうとする動きがあります。その結果として、女性の社会進出が非常に進んでいます。OECDが先進26か国に対する調査では、ニュージーランドが女性にとって最も働きやすい国と認められました。(ちなみに日本は26か国中25位でした。)
歴史的にもニュージーランドは1893年に世界最初に女性に参政権が認められた国です。

そして、日本の皆さんには驚かれるのですが、年齢差別をなくすために、従業員は雇い主に生年月日を開示しなくてもいいことが法律で守られています。つまり、就職活動の時には、履歴書に生年月日を書かなくてもよいのです。
家庭では、Kiwi Husbandと言われるほど、男性が進んで家事を担当することも全く珍しくありません。
日本とは全く常識が違って、様々な価値観と考え方を受け入れてくれるニュージーランドという国。
住んでみると、きっと居心地の良さを感じていただけることでしょう。

こんなニュージーランドへ行ってみたくなりませんか?
ニュージーランドで学ぶ・働く!ワーキングホリデープログラムの詳細はこちらから → ニュージーランドワーキングホリデー


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670