カテゴリー
最新情報

高校生と少年犯がビジネスパートナーに

ニュージーランドでは、政府・民間企業・学校のスポンサーの下で、若者の起業をサポートするYoung Enterpriseという組織があります。この枠組みを利用して、北島東海岸にあるHastingsという町にあるあトリック系高校St. John’s Collegeの学生たちが地域の刑務所にいる17-19歳で、6か月から終身刑を受刑している若者たちとパートナーシップを組んで、BRUTHASという会社を立ち上げました。

プロジェクトを発足してから六か月の間、学生たちは定期的に刑務所に足を運び、受刑中のビジネスパートーに会い、すでに商品のデザインもほぼ決定しています。
学校の校長によると、当初は学生もその家族も緊張していましたが、今は普通に挨拶を交わしたり、ホンギ(注:おでこと鼻をくっつけてするマオリ族伝統の挨拶)するようになったそうです。

ニュージーランド原生のリムの木を使って、組み合わせるとマオリ伝統のカヌーWakaのシンボルとなる食器皿のデザインがすでに完成しており、商品名は”Just Board”に決められています。

このプロジェクトは、受刑中の若者に新しい形で希望を与えることで注目が集まっています。
将来的に起業家を目指したいとBRUTHASに所属する塀の中にいる若者もいます。

BUTHASの商品”Just Board”によるすべての収益が、チャリティーやコミュニティープロジェクト、または、学校と刑務所が共同で立ち上げるほかのプロジェクトに寄付されることになっています。

What happens when Kiwi high school students invite young people in prison to become their business partners? #NZHFocus #NZonAir

nzherald.co.nzさんの投稿 2017年8月14日月曜日

なかなか素晴らしい取り組みですね。


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

スカイライン ロトルア

日本では夏休み中の方も多いと思います。この時期にニュージーランドに訪れる日本の方も増えます。
温泉保養地のロトルアにある総合アトラクション施設スカラインが人気の観光地の一つです。ユニークなアクティビティが多く多数あります。振り子のように揺れるスカイスウィングに乗る3兄弟の微笑ましいビデオが、先週ネットにあげられると、瞬く間に拡散され、120万回もヒットされました。

Kiwi kids face fears on Rotorua's Skyswing

This is a crack-up! Brothers Mikaera, Josiah and Filisi squabble, scream and laugh as they take on Rotorua's Skyswing. 😂 Mum Kimi says the boys have been overwhelmed by the reaction to the video: http://stuff.co.nz/s/bejU

Stuffさんの投稿 2017年8月11日金曜日

有給インターンシッププログラムでは、このスカイラインとも提携しております。
スカイラインのスタッフとして働くご希望をお持ちの方はどうぞお問い合わせください。

スカイラインでのお仕事体験談はこちらでお読みいただけます。→ スカイラインでのお仕事体験談

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

Konini Schoolギネスブックに挑戦

弊社の短期無給インターンシップでご紹介しているオークランドにある、Konini School(コニニ小学校)がギネス記録を破ったことで今、話題になっています。

これはオークランド市の交通課が主催したもので、人で巨大自転車を描き上空から撮影するという挑戦で子供たちが安全でありますようにと願いを込めて先週6月9日に行われました。

結果、イギリスでの記録1148人を破り、Konini School, Kaurilands School、 Oratia Schoolと近所の小学校同士で力を合わせた1799人による巨大自転車を形成、規定である5分間をうまく保持しギネスブックの記録を更新しました!

Konini Schoolといえば西日本新聞記者の方とこども特派員の方々が取材に来られたばかりの小学校です。

特派員の皆さん、あの後子供達はギネスに挑戦しましたよ。Konini Schoolの校長先生と記念に撮った時の写真をここに掲載いたします。

Gina & Partnersでは、高校留学の手配も可能です。詳しくはこちらから→Gina & Partnersの高校留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

Queens Birthday 6月5日(月)は祝日です

ニュージーランドでは毎年、6月の第一週目の月曜日がクイーンズバースデーとして国民の祝日になっていますので、今週末は3連休となります。

クイーンとはクイーンエリザベス2世。実際の誕生日は4月21日ですが本国イギリスではまだ寒い時期ですので、6月の季節が良くなってきたころに改めて誕生を祝う「公式誕生日」を設定し、英国連邦に所属している国によっては設定日が異なりますが各国にてお祝いをします。

歴代最年長であったビクトリア女王(1873~1901)を抜いて現在、最年長主君となったエリザベス女王は今年91歳になられます。

ニュージーランドでは今週末は3連休を利用し、国中でイギリスにちなんだ催し物が行われ、エリザベス女王を祝福します。

そんなニュージーランドでの語学留学プログラムはこちら → Gina & Partnersのニュージーランド留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

ニュージーランドのレセプショニストが世界大会で銀メダル獲得

弊社の海外有給インターンシッププログラムで、パートナーホテルの一つであるCity Life Aucklandのレセプショニストのシャーマさんがフランスパリで開かれた 2017 receptionist world championshipsで二位の銀メダルを獲得したという嬉しいニュースが飛び込んだのは先月のこと。

世界中の高級ホテルのフロントデスクの担当者が競う本大会への参加者は、お客さんから一般的な質問へ回答から、トラブルに見舞われたお客様への対応まで実演して審査員に見せなければなりません。24歳のシャーマさんの銀メダルの快挙は、ニュージーランド人として2009年大会でチャンピオンに輝いたエバさん以来です。

19歳からCity Life Aucklandで働いているシャーマさんは、今年5年目になります。ホテルレストランで2年半働いてからフロントデスクに移って2年半。決して長いキャリアではありませんが、お仕事へのこだわり・クオリティが認められた結果となりました。

今年もまた数名がCity Life Aucklandでインターンシップにご参加いただきますが、ぜひワールドクラスのおもてなしを学んで身に着けていただきたいと思います。

City Life Aucklandでインターンシップを終えたShunsuke君の感想がこちらに掲載しています。ご参考頂ければ幸いです。


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

Anzac Day 平和について考える日

毎年4月25日はアンザックデーと呼ばれる国民の祝日となっており、ニュージーランドだけではなく、オーストラリア、クック諸島、ニウエ、サモアにおいても歴史的な国民の祝日となっております。

オーストラリアとニュージーランドは共にイギリスの植民地でした。事実上独立してからも、南半球の近い位置関係にあったこともあり同盟関係が続き、まもなく第一次世界大戦にオーストラリア・ニュージーランド連合軍として、1915年4月25日にガリポリの戦いにて激戦を共にしたことで、両国の自立と絆を強めることとなり、この日がAnzac Day(Australia New Zealand Army Corpsオーストラリア・ニュージーランド連合軍自組織)と定められたのです。

ニュージーランドのアンザックデーには、勇敢に戦ってくれたオーストラリア・ニュージーランド連合軍の兵士達や当時、国の為に尽力した人々の為に追悼の儀式が国内各地にて行われています。

多くの人々が赤いポピーの花を掲げ、戦没者慰霊碑に集まり、軍服の人々によるパレード等をし、平和を宣言する意味を込めて追悼の意を表します。ポピーの花はガリポリで多く咲いていることからアンザックの象徴とされており、アンザックデーには犠牲者の方々の為に募金を募り、胸に赤い花を付けます。また国民が一体となって考えるように国中の、そして街中のあちこちに、多くの人々の目にとまるようにポピーの花が供えてあるのです。

羊や牛に囲まれ平和な日々を送る中、世の中で今もなお戦争が続いていることがまるで嘘のようにここ、ニュージーランドでは感じられます。

そして、毎年アンザックデーがやってくると改めて平和について考えて過ごすのです。

そんなニュージーランドでの語学留学プログラムはこちら → Gina & Partnersのニュージーランド留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

イースターホリデー

明日からイースターホリデーとなりニュージーランドでは4連休となります。

4月14日(金)Good Friday

4月15日(土)Easter Saturday

4月16日(日)Easter Sunday

4月17日(月)Easter Monday

日本でのイースターは一種のイベントになりつつありますが、本来のイースターはキリスト教におけるもっとも重要な「復活祭」であり、キリストの復活をお祝いするものです。

イースターという名は〝アングロサクソン”、現在のデンマークやドイツ周辺に伝わる春の女神の名が由来となっているそうで、春をお祝いするという意味合いもありますが、ここニュージーランドでは季節が夏が終わり、本格的な秋へと入っていく時期であり、春をお祝いするという意味合いはありません。

クリスマスは夏、イースターは秋と、南半球のニュージーランドでは北半球の季節感がなかなか分かりません。それでもこのような行事はとても楽しみ、ゆっくりと過ごすのです。

Good Fridayと Easter Mondayはガソリンスタンドやマクドナルドなど以外はほとんどお店は閉まっていますので、今日は買いだめをする人々でスーパーは大変な混雑でした。イースターホリデー中にサイクローン(台風のようなもの)がニュージーランドに来ると予報されていますが、なんとかそれてくれると良いと願っています。

Happy Easter!!

そんなニュージーランドでの語学留学プログラムはこちら → Gina & Partnersのニュージーランド留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

Daylight savingends サマータイム終了

ニュージーランドではフィジョア(Feijoa)と呼ばれる鮮やかな緑色をした果物が熟し自然に木から落ち始めると、それは秋の始まりの知らせとなり、サマータイム、Daylight Savingが終わりとなります。

フィジョアとはフトモモ科の常緑低木でニュージーランドではよく住居の庭や道路沿いで見られるものです。大きさな大きなものではキウイフルーツほどあり、かたい緑の皮の中身はクリーム色で、少しパッションフルーツに似た触感もあり、ゴールドキウイとリンゴを合わせたような、なんとも不思議な味のするフルーツです。

Daylight Savingが終わる時にパソコンやスマートフォンなどは自動的に1時間戻されますが、手動のものは4月1日、土曜日の夜にベッドに入る前に1時間戻します。正確には4月2日、日曜日の午前3時が午前2時になり、ニュージーランドと日本の時差が3時間に戻ります。

もしも時間を戻し忘れても学校や職場へ遅れることはありませんね。これから日、一日と秋へと移り変わって行き、秋のニュージーランドの素晴らしい風景を見せてくれます。

そんなニュージーランドでの語学留学プログラムはこちら → Gina & Partnersのニュージーランド留学


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

赤いキーウィフルーツはいかが?

ニュージーランドといえば、皆さんが思いつくのは、羊、美しい大自然、そしてキーウィフルーツと仰る方も多いようですが、日本にもたくさんのニュージーランド産のキーウィフルーツがスーパーなどに売られています。グリーンとゴールドのキーウィフルーツはお馴染みだと思いますが、この度、キーウィフルーツ最大手のZespri社が設立20周年を祝って、赤いキーウィフルーツが開発中であることを発表されました。

下のニュース映像に開発中の赤いキーウィフルーツを少しご覧んいただけます。
ただ、市場に出回るまではさらに3~4年かかるそうです。
キーウィフルーツLoverには待ち遠しいですね。

そんなニュージーランドでの語学留学プログラムはこちら → Gina & Partnersのニュージーランド留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
最新情報

入学の季節と卒業の季節

ニュージーランドでは長かった夏休みが終わり、小、中、高校が1学期をスタートしたばかりです。大学はやや遅めで2月の末に前期をスタートします。

日本とは季節が逆の南半球にあるニュージーランドでは、1年の学期始まりが日本ではほぼ1年を終了する頃となり、ニュージーランドでは入学を祝い、日本では卒業を祝う季節へと移り変わっていくのです。

この時期にニュージーランドの学校で良くある行事がMeet the Teacherと呼ばれるもので、形式は各学校によって異なりますが1学期が始まってすぐに保護者と学校の先生達、子供達のふれあいの場を作るというもので主に小、中学校において行われています。

一つの学校の例を見てみると、学校が終わってから保護者が帰宅する夕方から学校内で家族ごとにピクニックをし、PTAがバーベキューをしたり、学校主催の子供のイベントを行ったりするもので、その間に子供同士、保護者同士、そして先生方と交流を深めるといったものです。

1時間ほどの学校全体の交流が終わると、それぞれのクラスに入り担任の先生の自己紹介を聞いたり質問コーナーなどでディスカッションをしたりします。

新しい1年が始まる前にこのような場を設けるという事はとても良いアイデアで先生達、生徒達、保護者達ともお互いをよく理解出来、高いモチベーションを持ちスタート出来るのです。

Gina & Partnersでは、高校留学の手配も可能です。詳しくはこちらから→Gina & Partnersの高校留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670