インターンシップ体験者からのエール

大学に休学申請をして1年間の有給インターンシップに参加した上假屋さんは今年に入って帰国されました。
まだ英語に自信がない、語学学校ってどんな感じ?、あと1歩の勇気が出ないんだよなぁ、、、なんて今、色々と迷われている方へのアドバイスや激励の言葉を頂きました。
良い刺激を受けるのではないでしょうか?是非、お読みください。

みなさん、こんにちは

去年、半年間Wellingtonで語学留学に通い、半年間Queenstownでインターンをしました。
一年間ニュージーランドで生活して日本に帰ってきた僕が一番伝えたいことは、「出来るか・出来ないか」 ではなく 「やるか・やらないか」です。
丁度一年前、僕は英語も話せないのに友達なんて出来るのか?語学学校を卒業してすぐにインターンで働けるのか?などと不安いっぱいでニュージーランドに行きました。

でも、学校に通い始めて、すぐに友達が出来るか?と言う不安は無くなりました。
語学学校はたくさんの国から生徒が英語を勉強しに来ているので、自然とコミュニケーションをとるようになるし、授業でもお互いに意見交換をする授業体制がメインなため話すきっかけが作りやすかったからです。
ある程度、学校に慣れてきて結構僕は有名人になっていました。
なぜなら、学校で学生の英語のレベルに関係なくたくさんの人にHow are you ?と自分から毎日声をかけていたからです。
たったこれだけのことで、たくさんの友達を作ることが出来ました。ほんとに、挨拶をするか?しないか?だけだったのです。

インターンでも、時には上司や同僚が忙しい時は、英語を速くしゃべることがありうまくいかないようなこともありましたが、働きながら実際の英語を多く身に付けることが出来ました。たまには、お客さんからも英語を教えてもらうこともありました。(笑)
一番大切なことは、留学してよかったと思えることです。
僕は、英語も伸びましたが、それ以上にこの一年間で出会った友達が一番で、行ってなかったらこれだけの友達には会えていなかったんだなと考えることがあります。
僕は、本当に行って良かったです。
だから、皆さんも、たくさんの経験や出会いをして最高の思い出を作ってほしいです。

勇気を出して踏み出したからこそ得られた自信、英語力、友達ですね。
上假屋さん、素敵なエールをありがとうございました!

上假屋さんが参加された有給インターンシッププログラムの詳細はこちら  → Gina & Partnersのニュージーランド有給インターンシップ

メニューを閉じる