インターン生の一日7 Tsuyoshi君の場合

オークランドのシンボルの一つにもなっている豪華船のようにハーバーに突き出すヒルトホテル オークランド。その憧れのホテルで7か月間のインターンシップを終えて、先日ご帰国されたTsuyoshi君から、通常出勤日の一日のスケジュールを教えていただきました。

ホテルは宿舎から徒歩30分ですが、毎朝のこの30分の通勤時間がが一番お気に入りの時間だとおっしゃるのは、とっても納得です。都会のオークランドではありますが、自然豊かな中の朝のウォーキングは気持ちがいいものです。

それでは、Tsuyoshi君の一日のスケジュールを見てみましょう。

6:30 起床

6:50 朝食 (食事を抜くとばてる)

7:15 出発 (通勤は、30分歩いたが、その時に観る景色は、最高です。一番のお気に入りの時間です!)

8:00 ブリーフィング
今日掃除をする部屋数やサービスするにあたっての注意事項(グループのお客様など)、前日にあった反省点や改善点、諸連絡を従業員と共有する。

8:15 仕事の前準備

8:45 勤務開始

仕事内容

おおよそ12部屋を1日かけて掃除をする。

・部屋に落ちているごみを掃除する。
・ベットメイキングをする。
 (チェックアウトルームの場合、ベッドシーツをすべて変えて、整えるけれども、オキュペイドルームの場合、シーツは変えずに、ベッドを整えるだけの場合もある。
・バスルームを掃除する。
 (シャワーの個室を磨く、トイレ掃除をする、洗面台を磨き、水をとる、バスルームの床を拭くなど。)       
・最後に掃除機をかけ、埃をとり、空気清浄をする。

13:00 ランチタイム
勤め先のヒルトンホテルの社員食堂で、簡単なバイキング式のランチを食べます。(ベジタリアン料理もある。)

13:30 勤務再開

16:30 勤務終了

17:00 サインアウト 帰宅

18:30 夕食 (自炊に慣れると食材などの買い物も楽しくなる。)

19:00 フリータイム (のんびりと過ごすもしくは、洗濯をする。)

22:00 ストレッチ 筋トレ 入浴

23:00 就寝

私は、housekeepingとして7ヶ月間働いていました。今回の実習が初めての海外生活と、一人暮らしです。いろいろと不安な所もあって、最初は怖かったけれども、今では、ひとりで暮らすことに慣れ、大分自分に自信がつきました。
housekeepingの仕事は、とても体力を使う仕事です。私は、他のスタッフと比べ、仕事が遅く、とても大変でした。けれども、housekeepingのスタッフは、みんな優しく、仕事が早くなる方法を教えてくれます。教わったら、感謝と実践、そして自分の力にしていきます。
英語も、仕事をしながら会得出来るという最大のチャンスを活かして、実際に話す、そして間違っている所を見つけて、正しい話し方に作り直すということをしています。
仕事や英語で、まだまだ分からない所がたくさんあるけれども、今やっていることをしっかりと続けていき、日々成長したいと思います。

初めての一人暮らしが初めての海外で実践されとは、なんともチャレンジングだったことでしょう。その中で日々の成長にしっかりと心がけ、実践されていることは本当に素晴らしいです。これからもこの経験を糧にされなる成長を期待しています。

Tsuyoshi君が参加された有給インターンシッププログラムの詳細はこちら  → Gina & Partnersのニュージーランド有給インターンシップ

メニューを閉じる