有給インターンシップ体験談 上假屋優さん

当社のプログラムでニュージーランドへ留学した
先輩達のインタビューをご紹介します

  • インターンシップ先の仕事が保証されている
    という点が、一番の決め手でした。

    上假屋 優さん

    【渡航期間】
    2016年2月~2017年2月
    【参加プラン】
    海外有給インターンシップ プラン①
    【インターンシップ先】
    Rydges Lakeland Resort Queenstown

    留学のきっかけは、ベトナム海外インターンで悔しい思いをしたから。そこから、本気で勉強しようと決意しました。

    僕が大学3年生のときに参加した、ベトナム海外インターンにて、今回の長期留学を決意する出来事がありました。

    大学1・2年生で海外に行った経験もあり、「インターンシップ先で働いていれば英語は話せるようになるだろう」と軽い気持ちでいました。

    ところが、全然話せなくて……。現地の社長さんに「 何しに来たの?本気ならもうちょっと英語を勉強してくるでしょう」と言われてしまいました。

    その出来事がものすごく悔しくて、帰国後すぐに、「1年間留学に行かせて欲しい」と、直接Gina & Partnersに依頼しました。

    ニュージーランドは治安が良い国。Gina & Partnersのスタッフサポートもあってすごく安心できました。

    大学1年生の時にアメリカに行ったのですが、少し怖い思いをしました。
    でも、ニュージーランドに行ったときには全くそういう感じがなかったですね。生活水準も日本とほとんど変わらないです。

    お金に関しては、現地日本人スタッフがサポートしてくれました。特に、初月の家賃振り込みは、10万円を超える大金で心配でしたが、日本人スタッフから「入金を確認できました」というメールが来たときはすごく安心しました。

    仕事というプレッシャーがあるから、もうちょっと英語を勉強しようと考えられるようになりました。

    僕は、インターンシップ先のレストランでウェイター・客室のミニバーを担当しました。仕事というプレッシャーがあるから、 もうちょっと勉強してみようというレベルまでモチベーションが上がりました。

    "有給インターンシップ"は本当に満点です。減点をする理由が見つからない(笑)。

    行く前にインターンシップ先の仕事が保証されているのが、一番の決め手です。

    ワーキングホリデーの多くは、「英語の目標が明確でないので、英語がなかなか身につかない」「仕事が決まらないので、結局日本食レストランで働き、そこで日本語を使う」という、本末転倒なパターンに陥りがちです。そうなるのは、嫌だなと思いました。

    Gina & Partnersの海外有給インターンシップは、内容が魅力的で、かつ 仕事がしっかり保証されているから、「働きながら学びたい」という僕の希望にピッタリでした。だから、迷うことなくGina & Partnersに決めました。

    すごく楽しくて、勉強にもなりました。 この満足度がそのままGina & Partnersに対する満足度です。

    ある一日のスケジュール

    5:00 起床
    5:40 出勤
    6:00 朝食のサービス開始
    基本の仕事は、お客様の部屋番号の確認。お皿、フォークを下げる、テーブルを綺麗にし、次のお客様のフォーク類のセッティング。ブッフェの確認と補充。語学学校にいる間にバリスタコースを取っていたので、バリスタとしても働くことができました。
    10:30 ブレイクタイム
    11:00 片付け・次の日の準備
    12:00 ミニバーの確認開始
    仕事内容は、それぞれの部屋に置いてあるスナック類、ジュース・お酒類をチェック・補充。
    14:00 仕事終了
    15:00~
    17:00
    この時間は、よく友達とビーチに行ったり、ジムで運動、フリスビーゴルフをしていました。
    19:00 晩御飯
    22:00 就寝