湯浅ファミリー – ファームステイ体験談

湯浅ファミリー

  • 滞在先:ロトルア

湯浅美里さんの体験談

どうしても親子留学を果たしたく、選んだ地は私たちの大好きなカントリーサイド派である「ニュージーランド」。しかも昔からムツゴロウさんの農場で働きたかった私にとって動物がいっぱいいるNZは魅力もりだくさん! 
 
ただひとつ、出発前の私たちを悩ませたのは季節が反対であるがため真夏の京都を飛び出したあと、真冬のNZでやっていけるのかどうか。娘を連れて行っていくのでまずは彼女の体調を崩したくはない。自分にとっても季節が反対なんて初めての体験。 

今回選んだ都市はロトルア。温泉地で有名というのを知り飛びついた!ロトルアは大きな都市とはほど遠く、こじんまりとしたかわいい町。町中から湯煙がうっそー火事??というほど湧き上がっている。やはり規模がちがう。

私たち親子の通った語学学校も日本の田舎の学校ぐらいの規模で親しみやすい雰囲気。 
まず校長先生、講師陣、スタッフの方すべて何かと世話をやいてくれる。実際、本当に些細な問題でも「No Problem!」とHugしてくれながら、いつもかゆいところまでケアしてもらった。 
最初の一週間はまずはNZの学校になれるため、娘も同じ学校で(当然別のクラス)ですごすことができた。はじめから娘のみを地元の小学校に入れようかどうか悩んだが、この選択で間違いはなかった。娘は初日こそ一緒に行動していたが、一日一日と友達を増やしていき、一週間が過ぎるころには地元の小学校に一人で通えるだろう!というところまで独立していた。

地元の小学校でもNZの受け入れ体勢は、すばらしくユルユル(注意⇒だらけているという意味ではありませんよ~)で、臨機応変の連続であった。これでいいんだー、がっちりがっちり計画が決めてからしか物事にかかれない私にとってNZは、私を大きく受け入れてくれた。

娘は二週目は朝から3時まで小学校。私は三日だけ、昼からの授業で日本の文化を紹介するためボランティアではいらせてもらった。一日目は和紙でしおりつくり。カタカナで自分の名前を筆ペンで書いてもらった。子どもたち初めてみる文字と筆ペンに大興奮。

二日目はスポーツ。ドッジボール変形版を日本スタイルドッジボールと題して紹介した。どの国の子もスポーツ大好きだ!時間を忘れみんな一緒に日本スタイルのドッジを楽しんだ。三日目は焼きそばを実際に教室でホットプレートで作って見せた!みんな自分のランチボックスのふたをお皿にし、ほおばっていた。余興で「あっち向いてほい」も結構うけた!娘はリコーダーで日本の歌を紹介すると、生徒のみんなが私たちにNZの国歌を歌ってくれた。最後には「Thank you」の色紙をプレゼントされ、また絶対くるね!と約束!

何がしたかったって・・・ムツゴロウさんの動物さすりながらのよ~しよ~し。もう見る動物すべてかわいい☆
牛も羊もからだは巨大だが、人間がとっても怖いらしく、そっとそっとこちらをみている。

今回体験したファームステイは一泊二日だけのウィークエンドトリップだったが、別れの時には涙が出そうになるくらい情が移ってしまうほど居心地がよかった。まずはファームの規模に腰を抜かした。とってもファンキーで吉本のギャグも顔負けのファームステイのお父さんが案内してくれた。
ファームは農場というより、「山」が5,6個!全部ファームという。すごすぎる!そしてお母さんの料理がこれまたすごい。おいしいすぎるくらいおいいしい。デザートまでしっかりおか わりしていただいた。そしてここでは生まれて初めて風が鳴る・・・・のを聞いた。
風が吹くというより風が鳴っていた。そして三重の虹をみた!なにもせず風が鳴るのを聞き、時間が過ぎるのを楽しめた。

今回私のたっての希望でGina & Partnersのジーナさんのご両親のお宅に伺うことができた。ロトルアからバスで一時間というタウランガという町。まだ日本ではあまりしられていないが、地元ではリゾート地としてとても有名なところだった。カフェが立ち並ぶおしゃれな町。

ちなみにファームステイしたところもタウランガ。ジーナさんのご両親のお宅でやっとNZのステーキだ!というステーキを食べた。ステーキを焼くのは僕の仕事なんだよ、とジーナさんのお父さんが張り切って焼いてくれた。お母さんのデザートもとってもおいしく手作りとは信じがたいババロアであった。

ご両親のお家はアパート(アポートといってもすんごく広くきれいでホテルみたいです)を持っており、そちらに一泊させていただいた。自分で料理ができるよう何もかも(食器、料理器具も完璧)そろっておりNZの料理ブックまでおいてあった。

至れりつくせりとはこのことだ!

湯浅めいさんの体験記

①語学学校に、はじめていったとき

私は、外国の、学校に行ったのが初めてだったので、すごく緊張していました。

クラスわけをしたとき、ぱっと見ると、日本人やなーと思いました。でも、話を聞いていると韓国のこや、中国の子だったので、びっくりしました。顔が一緒でも、国が違うと、自分の国の、言葉が通じないから、当たり前で、英語で話していました。
初めてなので、何もわからずに違うことをしていると、クラスの子がちがうでといってくれました。そのころ、友達がいなっかた私は、その子がきっかけで、友達がいっぱいできました。それから、毎日の語学学校が、すごく楽しみになりました。

②ホームステイ先

ホームステイのひとは、すごくいいひとでした。特に、ホームマザーは料理が、すごく上手で、いろいろおいしいものを、作ってくれました。
私と、同じ年の子がいました。 
その子は、始めはおとなしそうにしていたけれど、後から慣れて元気ハツラツの子でした。私も、そんな感じなので、一緒に走りの競争をしたりして遊んでいました。

③ファームステイ先

ここでは、いろんな体験をしました。牛にまじかでえさを上げたり、子牛を触ったり、すごくたのしかったです。 
それから、料理が、とんでもないほどおいしくて、びっくりしました。
今回の旅行で、いろんな人達にあって友達がでいきました。また、日本では、体験できない、いろんなことができて、すごくたのしかったです!

*湯浅さんが体験されたファームステイ。
詳細はこちらをご覧ください!→ ニュージーランドファームステイ

メニューを閉じる