カテゴリー
有給インターンシップ体験談

N・Sさん – 有給インターンシップ体験談

N・Sさん

  • 渡航期間:2018年6月~2019年6月
  • 語学学校:The Campbell Institute(Wellington)
  • インターン先:Heritage Queenstown

◆ニュージーランド(クイーンズタウン)の印象はどうでしたか?
観光地ということもあって賑やかでした。また、ホテルのスタッフはもちろん、お客様もにこやかで優しい方がおおい印象でした。景色もよく過ごしやすい街でした。

◆ 語学学校のことやウェリントンでの生活ではどんなことが心に残っていますか?
初日に行われたテストが全く出来ず、大丈夫かと不安になりましたが先生達がとても優しく教えてくださり安心したのを覚えています。スピーキングの授業では初めの頃はなかなか積極的に話すことが出来なかったけれど、少しずつ授業中の発言も積極的に出来るようになり楽しく授業を受けることができました。クラスが変わったり先生が変わったりして、馴染めない時もありましたが、卒業まで楽しく過ごせました。

ウェリントンと言えば、、この風景!

◆インターンシップに参加して、時間が経つにつれて少しずつ環境や英語、仕事に慣れていったと思いますが、気持ちや行動面など、自分の中で変化を感じたことがあれば教えてください。
初日はなれない仕事で大変だった事と、スタッフの皆に馴染めず不安だったように思います。ですが、皆でご飯に行ったり、少しずつ話しをするようになりコミュニケーションを取れるようになってから楽しく仕事でができました。また、休みがしっかりとれるようになっていたので精神的にも休養が取れて良かったです。仕事に関しては3ヶ月頃からは慣れてきて素早くできるようになり、お客様ともあまり緊張せずに会話出来たように思います。

◆このプログラムに参加して良かったことを聞かせてください
仕事やフラットを探して頂ける事がとても良かったと思います。学校の友達の中にはなかなか仕事が見つからなかったり、見つかっても給料が安かったり労働時間が長かったりと色々大変そうだったので、卒業後スムーズに仕事が出来たのがとてもありがたかったです。

世界遺産の星空の下にある有名な教会♬ とエメラルドグリーンのテカポ湖


 ◆海外でのインターンシップ経験は、今後どういった面で役に立つと思いますか?
以前は英語を話す事にとても緊張していましたが、流暢に話すことが出来なくてもコミュニケーションが取れるという事が実感でき、今後は積極的に海外へ旅行に行きたいと思った。

◆またニュージーランドに行きたいですか?
必ずまた行きます!

映画ファンなら訪れたい!ホビット村

スタッフより
去年のGina & Partnersでのワーホリセミナーにも参加されたN・Sさん 。
このセミナー参加の数週間後にNZに旅立ちました。
あれから語学学校にインターンシップにと充実した日々を過ごされたのですね!
行く前は少し不安そうに緊張した表情のNさんでしたが、インターンシップを終えた後はアクティブにNZの色んな所を旅行して日本に帰国されたそうです。何枚か思い出の写真を送って頂きました。 
どれも素敵な写真ばかり♪ 

勇気を出して1歩踏み出すと自分の世界が無限に広がりますね!

N・Sさん、素敵な体験談とお写真を本当にありがとうございました!

ニュージーランドで学ぶ・働く!有給インターンシップの詳細はこちらから 
→ Gina & Partnersの有給インターンシップ

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ファームステイ体験談

Sawadaさん – ファームステイ体験談

Sawadaさん

・滞在先:ロス&リンディ

オークランドで3泊のファームステイを満喫されたSawadaさんからご感想をいただきました。ファームステイだけではなく、他の都市の観光やホストファミリーとの再会も楽しまれたご様子です。ぜひお読みください♪

ニュージーランドファームステイで大自然を満喫

お天気にもずっと恵まれ、リラックスした優しい時間を過ごすことができました。到着してすぐ、スーツケースがシドニー空港のトラブルで翌日まで届かないというトラブルもありましたが、奥様が下着など用意して下さったり、RossさんがiPhoneの充電器を貸して下さったりと、乗り切ることができました。

あちらはイースターホリデー期間中で、お孫さん達が毎日来ていたので、一緒にアルパカの散歩をさせたり、折り紙したり、農場の手作り遊具で遊びました。特に5歳の男の子は、毎朝私の朝食が終わるのを待って、サッカーやら野球やらボードゲームなどに誘ってくれました。

Rossさんは本当にお優しくて、食事の用意、乗馬の練習、滝までのドライブと、すごく良くしてくれました。奥様はちゃきちゃき系で、お孫さんを叱りつけてたので、最初はびっくりしましたが、大好きなクイズ番組を一緒に観たりして楽しみました。

その後のホストとの再会も素晴らしい時間でしたし、クライストチャーチ、ブリスベンの一人旅もいい時間でした。心配していた入国審査も何もなく、税関の方が “Welcome back to NZ!” と言って下さったのがとても嬉しかったです。色々とサポート、本当に有難うございました。楽しかったです。

スタッフより

荷物が届かないというトラブルもあったようですが、今回のニュージーランドご滞在も素敵な時間をお過ごしいただけたようで、
私もとても嬉しいです♪Sawadaさん、素敵な体験談をありがとうございました。

ファームステイの詳細はこちらから → ニュージーランドファームステイ

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
高校留学体験談

Kansei君-高校留学体験談

Kansei君

2018年の夏休みに高校短期留学をしたKansei君に感想をお聞きしました。
言葉も文化も違う中で同じ年齢同士の交流は、お互いに色んな事が刺激的で新鮮だったそうですよ。
是非、お読みください!

  • 留学先:オークランド 
  • ワイタケレ高校(Waitakere College)

クラスメイトと

◆ニュージーランドの印象はどうでしたか?また行く前と後で印象は変わりましたか?

行く前は、地理やテレビで学んだ事しか判断材料がなかったので、大自然で羊だらけな感じと思ってました。確かに大自然は遥かに日本より残っており、大変珍しい鳥や生き物、ジャングルのような密林が住宅街から徒歩10分圏内にあったり、犬に追いかけられたり、馬に道を譲ったりした事に驚かされましたが、大都会も存在していたことに驚きました。また、学校や町などで、様々な人種の人が多くおり、色々な国の店がある事などに驚きました。日本ではニュージーランドの都会についてそこまで扱われていなかったからそこまで発達した国だとは思っていませんでした。

英語やホームステイ、学校生活に少しずつ慣れていったと思いますが、自分の中で感じた変化を教えてください。

最初の一週間ちょっとぐらいは英語が全く聞き取れずに毎日がリスニングテストと言った感じだったんですが、二週間経ったぐらいで、ちょっと何を言っているのかは分からないけれど、耳が少し馴れたお陰で英語の空耳が聞こえてきました。(一番印象に残った空耳はマットレスを殺す?!(笑)でした。(未だに彼が本当は何と言っていたのかは分かっていません)。そして残り一週間で、ある程度の英語の聞き取りは割りかしできるようにはなりました。行動面では、1人で段取りを考えなければならなかった為、計画を割と立てられるようになった所が多いに変わった所であると感じました。また、一ヶ月という長い期間を家庭から離れて過ごした為、まず、家族、ニュージーランドでの友達、ホストファミリーなど、人に感謝する機会も多くでき、日々、会う人々を大切にしようと思えました。人は1人で生きてはいけないという事実を再認識できました。


ホストマザーのKimさんと猫のオスカー

◆高校留学プログラムに参加して良かったことを聞かせてください。 

自分が面白いと思った事は多少目立ったこと、変わったことでもするべきだという当たり前のことを知ることができました。私の今まで通って来た小学校、中学校、高校では、少しやりたい新しいことをやっただけで、悪人か変人のように扱われる事が多々ありました。先生からはそうでない人もいましたが、常識から外れた事だからという理由のみで否定する人が多く、単独で自分が正しいと思った行動をしようとしたならば、あいつは孤独であるというレッテルを貼られ、周りの意見に怯えながら過ごす人が多くみられましたが、僕の行ったニュージーランドの高校ではそんな事は一切ありませんでした。それも面白いね、で理解を示し、1つの考えとして皆受け入れてくれました。この時、僕は人の思想や形式って言うのはもっと自由でいいと思えるようになり、少し価値観を変えられたような気がします。
そんなこともあり、価値観の多様性の重要さを知れました。
また、学校での勉強は、その国での物事に対する概念の違いが顕著に表れるため個人個人ではまた少しずつ違うのですが、ニュージーランド人の大まかな思想を汲み取る事ができました。学習する事が大いに違い、割と実用的なことや、日本のカリキュラムでは目につけない所を学習するのでかなり面白かった。高校で共に生活する同じぐらいの歳の子も思想の面では大いに異なっていて話をするととても面白かった。しかし、同じ年なのにとても考えがしっかりして優れていたので危機感も持てました。

4週間を共に過ごしたバディと修了証書を手に記念写真。

◆高校体験は、今後どういった面で役に立つと思いますか?

高校に溶け込むと言う事は、生活の中に他の人と比較的深く接する機会を得るという事だから、新しい思想つまり新常識が得られるという事になります。そして様々な思想を取り合わせているという事は他の人とは違う様々な視点で物事を考えられるという事だから、これから先求められる創造性、又は、これから先見出せられる選択肢を他の人よりも多くすることができるし、危機を脱する胆力(※)が身につくので、あそこで得た体験は、これから選択する時、または自らの思想を発信する時役に立つものであり、それは一生行わなくてはならない行為であるため、一生役に立つと思います。(※胆力:物事を恐れたり気おくれしたりしない気力。度胸。)

◆またニュージーランドに行きたいですか?

もちろんです。でもニュージーランドで様々な国の服装、食事、文化に触れたため、色々な国に行きたいと思えるようになりました。特に、イギリスとインドに今は行ってみたいと思っています。

◆これから留学される人にアドバイスがあればお願いします。

断る時にNOではなく、NO thank you、「はい。そうです」と返事する時にはYESではなく、YES pleaseということを特に心がけてください。YESやNOだけだと、そう!だとか、やだ!と初対面の人に言っているわけだから、相手の人が自分であり、初対面の人にそう言われたら、あまりいい気分はしませんよね。
だから相手への愛を忘れないように相手を思いやろうという姿勢を忘れないようにしてください。外国人でも人は人だから、いい人もいれば、合わない人もいますが、この時忘れてはいけないのは、この相手が人であるという点であり、ガタイの差などでびびって言いたいことが言えなくなるなどと言った気持ちは分かりますが、とにかく一度、下手くそでもいいからしっかり伝えようと話をしてみてください。相手の話も理解しようとしてみて下さい。そしたら相手は人間だから理解しようとしてくれるはずです。話し合えられれば、違う思想が手に入ります。相手の思想の理が知れれば相手により敬意を持って接する事ができます。
一番ダメなのは食わず嫌いです。びびって話しかけないことです。
まずはガンガン行きましょう、道行く人におはようと言ってみましょう、話をしてみても僕はいいと思います。
そうすれば何か得られるものはあるはずです。

タイヤがついた走るスマホ!(笑)
このユニークなスマホケースをきっかけに、たくさん友達もできました!

スタッフより

Kansei君、とっても素敵な体験談とお写真をありがとうございます♬
独特でユニークな発想の持ち主であるKansei君にとって、ニュージーランドのおおらかさや自由さは肌に合う場所だったようですね。ニュージーランドの同じ年齢の学生がとてもしっかりした考えを持っていることに危機感を感じたそうですが、Kansei君の中に何か得たものがあれば、それこそが異文化交流の醍醐味なのではないかと思います。
高校生の時に貴重で有意義な経験ができてよかったですね!

Kansei君が体験した留学はこちら ⇒  ニュージーランド高校短期留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ファームステイ体験談

Mikaさん – ファームステイ体験談

Mikaさん

  • 滞在先:クリスティン&ジョ
ニュージーランドのファームステイで大自然を満喫

オークランドでファームステイを満喫されたMikaさんからご感想をいただきました。 動物との触れ合いだけではなく、オークランド市内の観光やショッピングも楽しまれたようです♪ ぜひ、お読みください!

四泊五日と短い時間でしたが、とても充実したもので、楽しく過ごさせていただきました。滞在中はジョンさんと短期滞在しているスイス出身のマディーさんにお世話になりました。牛、羊、ヤギ、エミュー、鹿、鶏に加え、犬が6匹と猫が5匹いて、私の大の目的であった動物との触れ合いを存分に楽しむことができました。中でもエミューに直接餌をあげたことは、ここでしかできない体験だと感じました。

ファーム体験だけではなく、ショッピング、オーガニックマーケットの付き添い、マディーとのBritomart(ブリトマート)でのショッピング、そして四日目は1人でオークランドに行き、観光を楽しみました。ニュージーランドの人は皆親切で、道を尋ねたときも快く教えてくださいました。Britomart周辺はアジア人が5割ぐらい占めていて、観光客で溢れていました。

少し心配していたご飯でしたが、お二人ともお料理がとても上手で、どれも美味しくいただきました。ハンバーガーやピザなどのファストフードは一切なく、全て手作りでした。外食にも連れて行ってくださり、フィッシュ&チップスを食べました。

ファームステイを通して感じたことですが、積極的に自分から行動したり、話しかけたりしないと何もしないで終わってしまうということです。やりたいことがあったら相談するのがベストです。また、街に出かけた際にWiFiがないと不便だとも感じました。バスダイヤやルートの検索、電車の出発時刻やお土産屋さんの位置等、知りたいことが沢山ありましたがFree-WiFiがスカイタワーにしかなく、苦労しました。今後旅行する際は、ポケットWiFiを持って行こうと思います。長くなりましたが、貴重な体験をさせていただきました。お手配から何から何まで、本当にありがとうございました。

スタッフより

初めての海外一人旅だったそうですが、ホストや他の滞在者と積極的に交流をし、充実した5日間を過ごしていただけたようで、良かったです♪ Mikaさん、素敵な体験談をありがとうございました。
ファームステイの詳細はこちら → ニュージーランドファームステイ

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
留学体験談

Eさん – 留学体験談

Eさん

  • 留学先:クイーンズタウン
  • 語学学校:Language Schools New Zealand
  • ファームステイ先:タウランガ(ジョン&シャロン)

ニュージーランドの人気観光地でもあるクイーンズタウンに短期留学をされたEさんから体験談をいただきました!
帰国前には、ニュージーランドならではのファームステイも体験して、英語プラスαの留学を満喫されました♪ ぜひ、お読みください。

1.留学をしようと思ったきっかけ・留学を決めた理由

姉や友人が短期留学しているのを見て、楽しそうだなと思ったのと同時に、もっといろんな世界を見てみたいし、自分の可能性を広げてみたいと思って留学を決めました。

2.ニュージーランドはどんなところでしたか?

私が行ったクイーンズタウンでは、お店に行っても温かく親切な方ばかりで、安心して過ごすことが出来ました。通学バスの中でもサッと子連れの親子に席を譲ったり、至る所で人の温かさを感じることの出来たとても良いところでした。また、朝晩は冷え込むものの日中は暖かくカラッとしていて過ごしやすかったです。

3.留学生活について

【語学学校】
クイーンズタウンの他の語学学校に行っている人とも話したのですが、私が行った語学学校の方が小規模でかつ学内で英語を話すことを互いに徹底しているので、英語に触れる機会が多くとても良かったです。また、英語に不慣れな私に対してもクラスメイトや友人は皆親切で本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。学校の後に友人の寮に行ってお喋りしたり、料理をしたり、スーパーマーケットへ買い出しに行ったりしたこともまた良い思い出の1つとなっています。

【ホームステイ】
私が行ったホームステイ先では、ご夫婦と私の他にもう一人ハウスメイトがいました。ハウスメイトと一緒にバスで学校へ行ったり、家で話したりしたこともよい思い出です。また、ホストファミリーは冗談好きで愉快な方で、笑いの絶えない日々でした。

【ファームステイ】
朝、鶏の卵を収穫したり、牛や羊の放牧、さらには牛への皮下注射や羊の尻尾を切る場面を見せてくれるなど貴重な経験をすることができました。また、牧場以外にもキウイ農園やマヌカハニー農園、ビーチやハイキングなどに連れて行ってくださりとても良くしてくださいました。出てくる料理やお菓子などどれも美味しく、毎回たらふく食べていました。夜には満点の星空を見ることができ、感動しました。

4.留学中の一番の思い出

クイーンズタウンでの最後の日に、語学学校で知り合った友人たちとNavis Catapultに挑戦し、その後、夜までワイワイしたことがとても良い思い出となっています。アクティビティをやるにはクイーンズタウンは最も適した場所であるとも聞きました。
※Navis Catapult(ネイビス・カタパルト)・・ネイビス渓谷の地上150メートルの高さから、装置に引っ張られたバンジーコードが解き放たれると、体が一気に前方へ放り出され、最高速度は時速100キロまでに及ぶ絶叫アクティビティ

5.留学前に不安だったこと

一人で海外へ行くのは初めてだったために、自身の英語力の無さゆえに通じるかどうかの不安や、現地での日々に暮らし、学校の授業の内容などイメージが付きにくく不安でした。

6.全体的な感想

語学学校やホームステイ先で出会えた友人たちと今でもビデオチャットしたり、SNSで連絡を取り合ったり、また絶対に会おうと言い合えるかけがえのない友人が出来たことが何よりもの思い出です。またGina & Partnersの方が、出発前も国内線への乗り換えや注意すべきことなど丁寧に電話で説明して下さったお陰で、現地でも迷わず楽しむことができました。



スタッフより

Eさん、クイーンズタウンでは大自然を活かしたアクティビティも体験されたようで、とても羨ましいです!短い期間の中で語学留学、大自然の中でのアクティビティ、そしてファームステイにチャレンジしていただき、貴重な体験となったのではないでしょうか?素敵な体験談とお写真をありがとうございました♪

Eさんが参加された留学プログラムはこちら⇒Gina & Partners留学プログラム



留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談

三浦初音さん – ワーキングホリデー体験談

三浦初音さん

現在、ニュージーランド南島のマウントクックでワーキングホリデーをしている三浦初音さんから、現地でのお仕事・生活の様子を教えていただきました。写真からもニュージーランドの大迫力な美しい自然を感じることができます!是非、お読み下さい♪

国立公園アオラキ・マウントクック、大自然の中で生きる!

私は今(2019年1月)、ニュージーランドで最も高い山のある国立公園アオラキ・マウントクックに滞在しています。私にとってこれが初めてのワーキングホリデーになり、すでに半年が経とうとしています。これからもう半年ありますが、これまでに得たもの、成長したことなどたくさんあるので、ニュージーランドの素敵な写真とともに紹介していきたいと思います!

1.ワーキングホリデーをしようと思ったきっかけ

ワーキングホリデーをしようと思った理由は大きく分けて二つあり、一つ目は単純に海外で働く経験がしてみたかったということです。もともと人と話すのが好きで、飲食店でのバイトをしていましたが、今まで学んできた英語を使って海外でも接客の仕事がしてみたいと思いました。
二つ目に、自分の趣味に没頭する傍ら、将来について考える十分な時間が欲しかったということです。趣味の読書、天体観測、散歩、自然と触れ合うことの他に、たくさんの人から刺激を受けて、将来自分が本当にやりたいことを見つけ出す期間になればと思いワーホリに踏み切りました。

2.なんでニュージーランドだったの?

理由は簡単です。どこにいっても大自然の広がる山と緑の国だったから!
私はとにかくアウトドアと自然が大好きで、日本にいたときもふらっと山に散歩にいったり、川まで下って水の流れる音に癒されたり、時間を見つけては自然に触れようとしていました。星空鑑賞もとても好きだったこともあり、世界が認めた星空保護区があり、国自体が自然そのもののようなニュージーランドはまさに私にうってつけの場所でした。ワーホリを考えていたときに、偶然にもニュージーランド出身の友達ができたこともあり、ここに到着する前からニュージーランドのことが大好きになっていました。

3.Gina & Partnersを選んだ理由

私がどうやってGina & Partnersに出会ったかというと、「ニュージーランド ワーホリ」でネット検索をしたところ、星空保護区のあるテカポでワーホリの機会を提供している会社を発見!!大好きな星空のもとで一年間も過ごせたらどんなに素敵だろう、とワクワクでした。
まず、これが私の初めてのワーホリだったこともあり、ワーホリについての知識がほぼゼロだったこと、更にニュージーランドについても自然が多いことと羊が国の人口よりも多いことくらいしか知らなかったので、情報面で信頼できる存在が必要でした。その点、Gina & Partnersはニュージーランドに特化した会社であること、また渡航前に就業先が決められる(私の場合は有給インターンシッププラン②)ところが決め手でした。

4.マウントクックでの生活

私は国立公園内の小規模なカフェで働いていますが、すぐ隣にある大きなホテルに負けず劣らず終日忙しいカフェです。夜は雰囲気のいいレストランになり、接客の仕方も昼とは変わり、ほんの少しだけフォーマルになります。はじめはコーヒーや出来上がった料理を運ぶだけでしたが、慣れるにつれて、より責任のある仕事も任されるようになり、今ではレジ、電話の対応、更に消耗品の発注などもするようになりました。
朝は一番早くても九時半出勤なので、少し早めに起きて早朝の散歩に出かけたり、アコモデーションのすぐ裏にある川に行ったり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。国立公園なだけあり、いたるところに川、山、数十分で行けるハイキングコースなど目白押しです。日中はカフェで働き、仕事が終わった後はスタッフで集まって夜ご飯を一緒に食べたり、夕日を見に近くの湖にドライブしに行ったりと、仕事以外でもスタッフ同士仲がいいのがとても嬉しいです。

マウントクック村は夜になっても明かりがほぼなく、晴れの日には天の川がくっきり肉眼で見えるほど空気が澄んでいます。休みの日には、ルピナスときれいな湖で有名な隣町のテカポまでドライブがてら遊びに行ったり、私の働いているカフェが運営している氷河の洞窟に行けるアクティビティに参加したりと、とても充実しています。

また、スタッフはほぼワーキングホリデーで世界中から集まる人たちで、毎日のように自分の価値観が覆されていくのを感じています。それぞれ違った背景のもとここに集まった仲間たち同士、自分の旅の話をしたり、今までどんなところに行ってきたのかなどを語り合うことも多く、とても大きな刺激になっています。どの国の人も日本にとても興味を持ってくれ、日本人であることを毎日強く意識して生活するようになりました。日本に住んでいたときには気づかなかった自国の良さを知り、とても誇りに思うようになりました。

5.到着してから大変だったこと

まずはニュージーランド独特のアクセント、、、。アメリカに留学をしていた私には全く発音が違いすぎて、本当に相手の発する一文一句に集中しないと理解できませんでした。半年経った今ではだいぶ慣れてきましたが、はじめは本当にやっていけるか心配でした。もう一つ苦労したことは、スーパーのある隣町まで行くのに一時間かかるということ。車を持っていなかったので、毎回誰かに頼んで車を出してもらわなければいけなかったことが辛かったです。

6.成長したと思うこと

ここに来てから成長したなと思うことはいくつかあります。まず一つ目は、何事につけても度胸がついたこと。はじめは、自分の発する言葉ひとつひとつをとても意識して話していました。今の表現は変ではなかったか、きちんと通じているのかなど心配だらけでしたが、ある時からそんなことを考えている時間がもったいないと思うようになりました。自分の母語じゃないんだもの、完璧に話せなくて当然です。たとえ間違った表現をしても、笑顔で堂々としていれば相手はわかってくれます。間違いを恐れなくなると、途端に会話が楽しくなります。
二つ目に、自分の意見をはっきり言えるようになったということです。今では、違うと思ったら違う、できないことはできない、カフェのオーナーにでさえはっきりとものを言います。最初は勇気がいりましたが、自分の意志をしっかり伝えられるようになると、自然と自分はどうしたいのか、何ができて何ができないのかはっきりわかるようになります。それだけでも大きな成長だと思っています。

最後に・・・

もしワーキングホリデーに行こうか迷っている方がいれば、ぜひ挑戦してみてください!
ニュージーランドに到着して5ヶ月生活してみて思ったことは、自分が思う以上に自分はいろいろなことができるということ。ただそれを試す機会がなかっただけで、ワーキングホリデーはめいっぱい未知の自分を知る大きなチャンスです。これからあと約半年ありますが、帰国するときにはまたどれだけ成長できているのかとても楽しみです。

Hatsuneさんが参加されたワーキングホリデープログラムの詳細はこちらから → Gina & Partnersのワーキングホリデー

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
留学体験談

Yuseiさん – 留学体験談

Yuseiさん

  • 留学先:マウントマウンガヌイ
  • 語学学校:Bay Learning Academy

大学の春休みを利用してニュージーランドの人気リゾート地【マウントマウンガヌイ】で2週間の短期留学をされたYuseiさんからご感想をいただきました♪ 寒い日本を飛び出して、海に囲まれたリゾート地での留学生活は、想像しただけでもわくわくしますね!
ぜひ、お読みください。

1.留学をしようと思ったきっかけ・留学を決めた理由

海外に行って、世界の空気感や生活環境を感じたかったからです。

2.留学生活について(語学学校・ホームステイでの様子)

期間は2週間と短かったのですが、全てが新鮮で刺激的で日本のことを忘れるくらい充実した2週間でした。

3.留学中の一番の思い出

様々な国籍の人と楽しく話せたことです。

4.留学前に不安だったこと

英語が話せるか、聞き取れるかが不安でした。そして、飛行機が墜落しないかどうか、、。

5.全体的な感想

ホストファミリーの方がすごくよくしてくれて、いろんなところに連れて行ってもらったり、語学学校の先生や友達と話したり遊んだりできて、
悔いが1つも残らず、全てが幸せな時間でした。
今回、入江さんを含め、私自身の留学を良いものにしてくださった方々には感謝しかないです。ありがとうございました。

スタッフより

Yuseiさん、素敵なお写真とご感想をありがとうございました。
新しい刺激を受けられる環境で短期留学がしたいという思いは、今回の留学で達成できたようですね!
2週間という限られた時間の中で、ニュージーランド留学を最大限に満喫していただき、私も嬉しいです♪
ぜひ、また新しいことにチャレンジしていってくださいね。

Yuseiさんが参加された留学プログラムはこちら → ニュージーランド留学

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
有給インターンシップ体験談 活躍する先輩

インターン生の一日31 Mizukiさんの場合

~ECC国際外語専門学校 海外インターンシップコース ホテル専攻編 その⑨~

今回は、Crowne PlazaのHousekeeping部門にて8ヶ月間のインターンシップを終了されたばかりのMizukiさんの1日をご紹介します。

【 1日の仕事の流れ 】

6:30   起床
8:00   出勤
  8:30   業務開始 *10分ほどのミーティングで必要事項の確認を行い、仕事を始めます。
12:30  お昼休憩
15:00  業務終了
*忙しく15時で仕事が終わらない時は、10分間の休憩をとって残りの仕事をします。

【 職場環境 】

日本人の方もいたり中国の方やインドの方、色々な国の人がいます。昼食はビュッフェ形式で無料で食べられます。異文化のご飯が食べられてすごく美味しいです。

【 仕事中大変なこと 】

色々な国の人の英語が、私達がいつも習ってきた英語ではないので聞き取りにくいことが多いことです。そして体力仕事なので大変なことも多いです。

【 インターン中に学んだこと 】

学んだことは自分から進んで何かしないと話すことも何もできないということです。日本人のように察する文化がないので思ったことはしっかり言わないと伝わらないということを学びました。

【 インターン中に頑張ったこと 】

仕事になるべく早く慣れて、早くかつ綺麗に部屋を作ってお客様がいい気持ちになってもらえるように頑張りました。

Mizukiさんは語学学校で3ヶ月間英語を勉強した後、8ヶ月間のホテルインターンシップを無事に終了し、日本に帰国されました。帰国後はホテルへの就職を目指して、早速就職活動を開始されるそうです。この素晴らしい経験は、きっと就職活動に活かしていただけると思います。日本でも頑張ってくださいね。

有給の就労経験が「英語力」の証明につながる。有給インターンシップの詳細はこちら →Gina & Partnersの有給インターンシップ


留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
有給インターンシップ体験談

Annaさん – 有給インターンシップ体験談

Annaさん

  • 渡航期間:2018年8月~2019年1月
  • 語学学校:Language Schools New Zealand
  • インターン先:Crowne Plaza Auckland

クイーンズタウンの語学学校で4週間語学留学をした後に、オークランドでインターンシップを経験されたAnnaさんの体験談です。
「ニュージーランドでの5か月間は私の人生において一番充実した5か月間でした!」と胸を張って帰国されたAnnaさんが現地での生活の様子を教えてくれました。

1.語学学校やホームステイ、クイーンズタウンでの生活はどうでしたか?

とても満足しております。

【語学学校】
語学学校は規模が大きくもなく、小さくもなく丁度良い規模のアットホーム感溢れる素敵な学校でした。日本人が少なかった点もとても良かったです。年齢も国籍も様々な人たちと共に学ぶことができ、日本人には見られない積極性がとても刺激的でした。

【ホームステイ】
本当に素敵な家庭でした。
NZのライフスタイルをホームステイを通して学ぶことができ、”家族”というものを教えてもらいました。
日本にはない時間や家族に対しての価値観を得ることができる素敵な経験でした。

【クイーンズタウン】
クイーンズタウンは滞在するのを凄くおすすめする街です。
1つ目に街が綺麗で大きくないこと。小さな街なので過ごしやすく、かつ安全な街だと思います。
2つ目に自然が豊かなところ。空気がとても澄んでいて、学校や家から見える景色がとても壮大で、学校の近くの湖もとても綺麗です。そんな環境で生活していると心がとても満たされました。

2.インターンシップに参加して、気持ちや行動面など、自分の中で変化を感じたことがあれば教えてください。

QueenstownとAucklandはある意味真逆な街なので、引っ越した最初の1週目は特に辛かったのを覚えています。仕事はやったことのない作業であったし、自分が想像していたより英語に触れる機会が少なかったのでとにかく不安と孤独でいっぱいでした。2週目、3週目でやっと仕事に慣れてきて、職場の人たちとも仲良くなり安心しました。ただAucklandは都会なので忙しい街であり、仕事がみんなのようにうまくいかず、とにかく一生懸命やっていました。2ヶ月目は自分の部署の人に信頼されるようになり、仕事に自信がついたのを覚えています。どんなに仕事が忙しくても対応できるようになりました。英語も自分から積極的に話すようになり、部署を超えて友達も作ることができました。

3.このプログラムに参加して良かったことを聞かせてください。

様々な国の様々な年齢の人と出会えたことです。日本にいたらこんな出会いは絶対になかったと思います。留学というと語学留学が一般的であり、英語を学ぶことが目的となりますが、インターンシップでは英語が話せて当たり前の環境となります。英語はあくまでツールでしかないため、そのような環境に入れたことで自分の中での英語への取り組みはもちろんのこと、考え方も変わりました。それは語学留学だけでは味わえなかったことだと思っております。また、ホテルで働くことができたので本当に様々な人に出会うことができました。もし自分で職場を探していたら、日本食レストランであったと思うし、そういう意味でもホテルで働くことができて良かったです。

4.海外でのインターンシップ経験は、今後どのように役立つと思いますか?

辛いことが多かったし、絶対に無理だと思うような仕事内容を任されたこともありましたが、そういったことを乗り越えられるようになったこの経験は、社会に出て、会社に属したときに役に立つと感じました。日本では味わえない言葉の壁や価値観の違いを感じ、日本の当たり前は海外では通用しないこと、視野を広くもつこと、自分の常識を常識だとは思わないこと、そういう考えをもてるようになりました。きっとその経験は今後どこかで生かされるかと思います。

5.このプログラムに参加される方にアドバイスがあればお願いします。

語学留学とインターンシップは全く違う環境だと思います。
語学留学は言語習得をゴールとしますが、インターンシップにおいての言語はあくまで手段であり、喋れて当たり前の世界です。そのような環境は大学留学をしないと味わえないものであり、そのような環境に身を置くことで言語習得はもちろんのこと、海外での生活や考え方、価値観など本当に様々なことを学べると思います。また自分で収入を得ることができるため「留学は高いから。。。」と諦めることもありません。そういう意味でも全てを含め、私はこのプログラムをおすすめします。

6.その他、ご意見やご感想

急であったにもかかわらず、丁寧にサポートしてくださったこと、大学の事情で様々な変更があったにもかかわらず対応してくださったことに本当に感謝しております。この5ヶ月間本当に様々なことがありましたが、沢山の人と出会い、沢山の経験ができ、本当に行って良かったなと思っております。ありがとうございました。

スタッフより

Annaさん、体験談をありがとうございました!
出発前にたくさん悩んで、一番納得のいく形で学生最後の期間をニュージーランドで過ごすことができて良かったですね。Annaさんの素敵な笑顔を見ることができて、私もとても嬉しいです♪これから社会人として大変なこともあるかと思いますが、ニュージーランドでたくさんの経験を積んで、困難なことも乗り越えたAnnaさんならきっと大丈夫ですね。これからも人との出会いを大切にいろんなことに挑戦していってください!
 ニュージーランドで学ぶ・働く!有給インターンシップの詳細はこちらから →  Gina & Partnersの有給インターンシッププログラム

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
有給インターンシップ体験談 活躍する先輩

インターン生の一日30 Ikumiさんの場合

~ECC国際外語専門学校 海外インターンシップコース ホテル専攻編 その⑧~

今回は、Heritage HotelのHousekeeping部門にてインターンシップ中のIkumiさんの1日をご紹介します。

【 1日の流れ 】

8:30 出勤
ミーティング(当日の稼働率や、チェックアウト数、チェックイン数、催し物、VIPに関する話をします)
当日の自分たちの持ち場が書かれたボードをもらいチェックします。

8:45
それぞれペアになって客室の清掃に入ります。主にバスルームとベッドルームに1人ずつ分かれて清掃していきます。

9:45 ~ 10:15
この時間は1回目の休憩時間です。その日の忙しさによって時間は変わりますが、順番に15分ずつ休憩を取ります。その後はまた、清掃に戻ります。

11:00 ~ 12:00
この時間はランチタイムで、1回目の休憩同様に、順番に30分ずつ休憩を取ります。毎週火曜日は従業員食堂がベジタリアンの日なので、そうでない人は個々にお弁当を持っていったりします。ランチタイムが終わるとまた仕事に戻ります。

15:00
この時間は3回目の休憩で、ここでは時々朝食で余ったパンやデザートが出てきたりするので、お茶をしながらみんなで仕事の進行具合を確認しあったりしています。この後また仕事に戻りますが、その日によって終わる時間もバラバラなので、早い時は1時に終わったり、遅い時は7時前になることもあります。

【 業務内容 】

主に、客室の清掃です。2人1組になって、バスルームとベッドルームに分かれて清掃していきます。バスルームには、トイレ、シャワー、バスタブが有り、4種類の化学薬品を使い分けて清掃します。客室に備えられている食器類が使われていれば、バスルーム担当が洗います。その後、約10種類あるアメニティの補充をし、客室全体に掃除機をかければ終了です。
ベッドルームは、ベッドメイクはもちろん、ゴミの回収、コーヒー・紅茶の補充、客室全体の吹き上げと、バルコニーのチェックをして終了です。客室の状態にも寄りますが、基本的に一部屋20分程度で完成です。客室の清掃以外にも、廊下、公共トイレ、駐車場などのパブリックエリアの清掃も任されています。

【 職場環境について 】

私たちの働いているホテルは、ハウスキーピングの人達だけではなく、どの部署の方もとても明るく気さくで人柄の良いユニークな人達ばかりです!よって、働き始めてすぐにみんなと打ち解ける事が出来ました。そんなフレンドリーな同僚だからこそ会話も沢山できて、英語も少しずつ身につける事ができていると感じています!毎日楽しいと思える職場です!

【 仕事中のチームワークについて 】

ハウスキーピングの仕事は思っている以上にハードで、体力が必要です。そのため進行状況にも差が出てきます。先に終わったチームが遅れているチームのヘルプに入って、先にベッドを組んでくれていたり、必要なものを補充してくれたりする事で時間が短縮されて仕事も効率良く進むので、そのような毎日の助け合いがチームワーク力の向上に繋がっていると思います。

【 NZで仕事を経験できてよかったと思うこと 】

日本と海外の働き方の違いに気づけたり、NZは多国籍なのでそれぞれの国の個性が見れたり本当に面白いです。日本人だからこうあるべきではなく、異なる文化や考え方を理解することも出来るようになれたと感じています。だからこそ、自分が日本に生まれて良かった、日本人で良かったと、母国を尊敬する気持ちに気づくこともできました。海外で仕事をしてみたいけど不安だと思っている人でも、NZなら現地の人も本当に親切でフレンドリーなので、心配いりません。本当にNZで働くことが出来て良かったと思います。また英語の面でも、ネイティブの英語だけではなくて、様々な国の英語を聞き取れるようになるので本当に勉強になっています!

Ikumiさんありがとうございました。

繁忙期は、遅くまでお仕事をしたと聞きました。そんな大変な仕事を乗り切れたのも、素敵な同僚に囲まれていたからですね。いよいよ帰国が迫って来ましたね。残りの滞在もIkumiさんらしく楽しく過ごしてください。

ニュージーランドで学ぶ・働く!有給インターンシップの詳細はこちらから →Gina & Partnersの有給インターンシップ



留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670