カテゴリー
ワーホリー体験談 活躍する先輩

NZワーホリを迷っている女性の皆さんへのアドバイス

行きたい理由はひとつ見つかれば充分!
変わらない気持ちを大切に。

性のためのニュージーランド・ワーホリ情報の続編。今回はアドバイス編です。
現在の英語力や帰国後のキャリアなど多くの方が抱える不安について、ニュージーランドでのワーキングホリデーを経験中のHarukaさんより、アドバイスをお届けします。

職場にて。フロントチームの温かい笑顔が印象的です。
ワーホリを迷っている皆さんへ

迷う理由は色々あると思います。
仕事上のキャリアや、海外で生活していけるか、帰国後に仕事が見つかるのか等…考え出したらきりがありません。それぞれの悩みにあった解決方法はどこかにはあるかもしれませんが、正直、私個人としては、「悩む理由や心配の種、行かない理由は幾らでも、とても簡単に見つかるけれど、行きたい理由はひとつ見つかれば充分!という点をお伝えしたいと思います。
 
私自身、高校時代からずっとワーホリまたは留学をしたいと思いながら、仕事が忙しいとか何とか色々理由をつけて機会を逃し続け、気がついたら思い立ってから実際に出発するまで10年程度かかりました。ワーホリビザを取ると決めた理由は「日本で生活するように海外で生活してみたい」、そしてこれは高校時代からずっと変わらない気持ちでした。
 
きっと出発を悩まれている方も、行くか行かないか迷っている時点で行きたい理由は必ず一つはあるはずですし、それはきっと何年経っても変わらない気持ちだと思います。年齢を重ねるにつれ、行かない理由(言い訳)はより簡単に見つかるようになります。
勿論、今ある仕事は手放すことになりますし、帰国後に同じ仕事に就けるかどうかは分かりません。ただ、行かずに日本で今の仕事を続けていたとして、確実にこの先一年間、同じ仕事をしているでしょうか?帰国後の仕事の心配は、私も出発前はありましたが、今は全くありません。私は高卒なのでそれ以上履歴書に書ける学歴はありませんし、英語以外のスキルは基本的なもの以外ありませんが、日本で一般的とされている人生設計以外に、もっと自由な人生があるという事をここで出会った人たちの話を聞いたり、生き方を見ている中で肌で感じたからです。
 
出発前に感じている心配や不安は、実際に来て数か月も経つと、あまり大したことではないなと感じるようになります。それはきっと、環境が変わり日本では出会わなかった様な人達と日々の生活を共にすることで、自然と自分の考え方が変わったり自分に自信がつくからだと思います。だから心配事に焦点を当てるよりも、行きたい理由を大事にしてあげると良いと思います。
 
仕事仲間とライオン・キングを鑑賞。
ただ、矛盾している様に聞こえるかもしれませんが、出発後の現実はそう甘くはありません。慣れてくるまでは、落ち込む事はもちろんありますし、帰りたいとも思います。私も最初の2ヶ月くらいは気持ちが落ち込む事が沢山ありました。
ただ、1人で初めての海外、知ってる人もいない中生活していて偉い!とひたすら自分で自分を褒めていました。笑
 
それから積極的にflatmateや同僚に話しかけ、とにかく仲良くなる努力をしました。一緒に飲みに出かけたり、観光に行ったり、スノーボードに行ったり、映画に行ったり。そうして少しずつ自分で自分を認めてあげたり、積極的に行動する事で、度胸もつきますし、度胸がつけば何とでもなります。
エージェントの皆さんも困った事があればすぐ相談に乗ってくれますし、現地で出来た友達も色々な国から来ているので、異国で暮らしていく大変さは身をもって実感している人が多いので、助け合いの精神に溢れています。日本人にありがちな、迷惑をかけてはいけないという気持ちは一旦捨てて、困った時は素直に助けてもらって大丈夫です!
 
一歩踏み出すだけで、文字通り今まで見た事のない世界が見られますし、価値観も変わります。自分に自信がつきますし、世界各国の方と英語を通じてコミュニケーションが取れるようになります。人生の選択肢も広がりますし、友達も増えます。
 
ダウトフル・サウンドへ。

出発前も出発してからも、簡単なことばかりではないですが、色んな事を乗り越えるからこそ、今までにない密度の濃い時間を過ごす事が出来ますし、忘れられない貴重な時間になるはずです!

*****

Harukaさん、ありがとうございました。Harukaさんからのアドバイスにも何度も出てきたように、一番大事なのは「行きたい気持ち」。Gina & Partnersではそんな皆さんの気持ちに寄り添い、最初の一歩を踏み出すお手伝いをします。

皆さんの中に「行きたい理由」がひとつでも見つかったら、まずは私達にご相談ください。

ニュージーランドで暮らす!働く!夢を叶える絶好の機会!
ワーキングホリデープログラムはこちら → Gina & Partners ワーキングホリデー

Harukaさんの勤務先での様子はこちら →ワーキングホリデー Harukaさんの一日

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談 活躍する先輩

女性のためのニュージーランド ・ワーホリ情報

ワーキングホリデー先として人気のニュージーランド。
治安や住みやすさ、職場環境など、女性目線でご紹介します。

現在Gina & Partnersのワーキングホリデープログラムを利用し、ニュージーランドに滞在中のHarukaです。2019年4月から、クイーンズタウンにあるHeartland & Scenic Suitesというホテルのフロントで働いています。ニュージーランドで働く中で感じることを、女性目線でお伝えしていきます。

ニュージーランド屈指のリゾート地、クイーンズタウン

女性でも安心して生活できる治安の良さ

日本とほとんど変わらないレベルで安全な生活を送ることができています。
“海外”という意識をもって生活しているので、もちろん貴重品を置いたまま席を離れたり、夜に独り歩きをするといった事はありませんが、基本的な防犯意識を持っていれば、特に心配せずに生活できます。助け合いの精神を持った方が多いので、子連れ・大きな荷物を持った人・年配者のバスの乗り降りには必ずと言っていいほど、並んでいる人や乗車済みの人が手伝っているのを目にします。
 
落とし物や忘れ物をしても、基本的には誰かが警察へ届けてくれたり、Facebookのコミュニティに載せて××で保管しています等教えてくれたりもします。実際私がパスポートを紛失した際も、立ち寄ったバーの方が見つけて保管してくれていました。(しかも私の顔とどこに座ったかまで覚えてくれていて、バーに入った時点でパスポートを取り出してくれました!)
 
また、私はホテルで働いていますが、お客様が運転免許証をどこかで紛失されたのですが、たまたまその日勤務していたDuty ManagerがFBを見ていて、運転免許証を見つけましたという投稿を発見 → 顔に見覚えがあると思いお客様に連絡 → お客様が直接投稿者に連絡し、無事運転免許証を返却してもらう、といった事もありました。
 
あくまでも基本的な防犯意識を持って生活している上でのことですが、女性一人で来ても安心して生活できる国だと感じています。皆さん気さくでフレンドリーなので、万が一何かあっても声がかけやすい雰囲気もありますし。(ちょっと怖そうに見えるバーのドアマンや、全身タトゥーの方も実際はかなり優しい人が多いです。
 

オーガニック文化の先進国

正直、私自身あまりオーガニックに関する知識がなく、そしてオーガニックへのこだわりもないのですが・・・。
 
日本から持ってきた化粧品が残り少なくなり、ネットで日本の物を取り寄せるか考えていた時のこと。ふとNZの化粧品はどんなものがあるのかなとネット検索してみると、オーガニック商品がたくさんヒットしました。日本ではオーガニックというと少しお値段が高いイメージがありましたが、ここではそんなに高いという感じではないような気がします。(もちろん物にもよりますが。)また化粧品のみならずシャンプーや洗剤等、品数も多いなと感じました。スーパー等ではオーガニックです!といった大きなサインもなく、他と同じ様に陳列されています。日本だったらもっと大々的にサインをだすところかな、と思いますが、きっとオーガニック製品が普及していて特別強調する事ではないのでしょう。
 
オーガニックから若干外れるかもしれませんが、自然を大切にするという意識もここNZでは高いと感じます。ホテル勤務で印刷物が多いからというのもあるかもしれませんが、紙のリサイクルに関しては日本よりも徹底されています。両面印刷にして紙の使用量を減らす、裏面が白いものはリサイクルとして次の印刷物に回す、紙ごみは他のゴミと一緒にせず紙専用の回収BOXへ入れてリサイクルへ回す等。設定ミスで両面印刷しなかった場合は必ずと言っていい程、誰かに’’自然を守らなきゃいけないのに’’と冗談交じりで指摘されるほどです
 
素晴らしい自然に囲まれてるからこそ、その自然に感謝し守っていこうという意識が自然と高くなり、オーガニック製品も増えそれを使う事が特別なことではなくごく一般的な事として生活に取り入れられているんだなと感じています。
 

女性が活躍しやすいニュージーランド

まず首相が女性、尚且つ世界で初めて首相として産休を取った方ですから、女性が活躍しやすい国である事は間違いないかと。実際に工事現場や警察署などで女性のスタッフを見かける事も多いですし、勤務しているホテルのトップ陣にも女性が多くいます。思えばNZに来てから性別で何かを考える事、女性だから~といった意見を聞いたりする事がまだ一度もありません。ひとり一人が性別ではなく個々の能力を持って評価される社会なんだなと感じています。
 
また、育児に関しては男性が日本と比べ非常に積極的に参加している姿をよく見かけます。
抱っこしながら散歩をしていたり、日本でいうママ友会の様な形でお父さん達と赤ちゃんでランチをしていたり。子供の面倒を見る為という理由で、同僚の新米パパは時々早く仕事を切り上げたり、出勤時間を少し遅らせたりする事がありますが、それにも周りはとても協力的です。そして子守を頼むのもごく一般的な事なので、お母さん達からすると自由になる時間が比較的多いのではないかと思います。
 
日本では誰かに小さな子供を託して出かけたりすると、育児放棄だとか責任感が足りない、子供への愛情がない等辛辣な意見が浴びせられることがありますが、ここでは父親もきちんと育児をする事(そもそもそんな事を言わなくても自然と参加されていますが)や母親も一個人として自由な時間を楽しむ権利がある事が自然と認識されていると思います。
そんな育児に協力的な社会だからこそ、女性が活躍しやすいのだと感じています。
 

仕事を通して実用的な英語を習得

ホテルのフロントで働いていると、チェックイン・アウトのいわゆる定型文のやり取りから観光場所の案内やタクシーの手配、お部屋等に関するクレーム、旅行会社とのやり取り等様々な英語を使います。チェックイン・アウトやタクシー手配等は基本的に同じフレーズの繰り返しなので比較的簡単です。
 
実用的な英語を、自然なより生活に根付いた英語とすると、個人的にはクレームと何気ないお客様とのやり取りが一番それに近いかと思います。クレームではお客様の話すスピードも通常より早くなりますし、お客様によりけりですが、とても乱暴な言い方をする方やすごく丁寧に話す方など同じ内容でも色んな表現がある事を学ばせられます。
 
またスタッフとお客様といっても、日本ほどきっちりしているわけではなく、またお客様がとてもフレンドリーなのでチェックイン前やたまたまフロント前を通りがかっただけでも、良くおしゃべりをする事があります。天気の話から、訪問した観光地やランチの話など、友達と話しているのかなと思う程気軽に話ができます。そういった機会があるからこそ、フロントで働く事は実用的な英語を習得する絶好のチャンスなのだと思いますし、そういったチャンスに恵まれた事に感謝だなと日々感じています。
 
勤務先がホテルでなくても、話す機会は自分から動きさえすれば沢山あります。移民が増えているので、第一言語が英語という同僚が何人いるかは勤務先次第ですが、だからこそ最初のうち英語が思い通りに話せなくても皆理解しようとしてくれます。私は語学学校に行っていないので、友達作りは職場からでしたがきっちり仕事をして、尚且つ仕事以外の話も沢山するようにしました。
 
いまだに話した事が思い通りに伝わらない事もありますが、仕事仲間そして友達として毎日楽しく過ごせていますし、一緒にいる時間が多いからこそ、砕けた話し方や言い回しなど、より実生活に根付いた英語を身につける機会にも多く恵まれています。
 
スタッフパーティー。この日のテーマはInternationalでした。
それから、ちょっとした身の回りの単語も意外と知らない事が多い事にも気づきます。
絆創膏がplasterとこちらで呼ばれている事を知らず、初めてお客様に聞かれた時は???でした。トイレが詰まった時に使うすっぽん?や水漏れって何ていうんだろう等、普段は使わないけど知っておいて損はない英単語も仕事を通じて覚えました。
 

高水準の最低賃金

ニュージーランドの最低賃金は$17.70(日本円で約1,400円)ですから、確実に日本よりも高水準ですし地域によって左右されるのではなく全国統一での最低賃金なので物価が安い地域に住めばより収入は増えます。私の場合はクイーンズタウンに住んでいるので物価や賃料が高い分、支出も多いのですが。。。
 
日本の場合時給1,400円というと、夕方から夜にかけての時間帯での勤務やリゾートバイト、または都内での勤務等場所や時間が限られている事が多いです。NZの最低賃金は国全体で統一されているので、来る前にどういったところで働きたいのか、都会なのか田舎なのか、北なのか南なのか等賃金に左右される事なく行き先を決められる点は大きなメリットだと思います。
 
ワーホリや留学を検討中の方へのアドバイス編に続きます。
 

*****

女性が安心して海外生活を経験するには、ニュージーランドは最適な国と言えるでしょう。憧れの海外生活を実現させるワーキングホリデー。まずはお気軽にお問い合わせください。

ニュージーランドで暮らす!働く!夢を叶える絶好の機会!
ワーキングホリデープログラムはこちら → Gina & Partners ワーキングホリデー

Harukaさんの勤務先での様子はこちら ワーキングホリデー Harukaさんの一日

 

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談 活躍する先輩

ワーキングホリデー Harukaさんの一日

~ワーホリ生活 フロント勤務の一日~

ワーホリビザを利用し、Scenic & Heartland QueenstownのReception部門で勤務中のHarukaさんの1日をご紹介します。
 
仲の良いフロントチームと一緒に。

【1日の仕事の流れ】
早番の場合(6:30-15:00)

6:30 
・レジ金の確認 / 空室数・チェックイン・チェックアウト・部屋移動数の確認・個々のチェックアウトの請求明細確認
・DM’s Logの確認 – 前日から今までに起こったことで、共有が必要な案件がすべて午前・午後・ナイトマネージャーによって記録されています。

7:30 
・当日のホテルレポート印刷 – システムダウンに備え、チェックイン・チェックアウト・ステイ等ホテルすべての詳細を一度印刷しておきます。
・Courtesy callリスト作成 – VIPやお得意様、誕生日や記念日のお客様をリストアップ
・チェックイン宿泊票の確認 – すべて用意されているか確認しつつアルファベット順に振り分けます。
・Requirement Listの確認 – 個々の予約に関して今日すべきことが載っています。

10:15
・チェックアウトしていないお客様へ電話 – 電話が繋がらない部屋をリストアップ後に、スタッフが直接部屋を確認しに行きます。
・Housekeepingにレイトチェックアウトの部屋番号を連絡
*状況によりますが、10時~10時半のどこかで10分間の朝食休憩をとります。

11:00-12:00
・レジ金の確認
・メール確認 – Requirement Listに沿って必要な対応をします。請求書の作成・事前払いの済んでいない会社又はお客様への電話連絡等。

12:00-12:30 – お昼休憩

14:30 – 遅番スタッフへの引継ぎ

15:00 – 業務終了

*この時間枠の中で、チェックアウトや早く到着されたお客様のチェックイン、フロントへの各種問合せや電話対応を随時行います。

遅番の場合(14:30-23:00)
14:30
・レジ金の確認 / DM’s Logの確認 / 空室数・チェックイン・部屋移動数の確認 / すべてのチェックアウトが完了しているか確認 / 早番からの引継ぎ事項確認 / 清掃状況の確認

14:45-17:00
・翌日のチェックイン宿泊票準備とツアーグループがあればその準備も行う。
・チェックイン対応 / 電話対応 / メール確認
・クレーム含め必要に応じてお客様の対応

17:00-17:30 – 夕食休憩

17:00-20:00
・Courtesy Callをかける – お部屋が快適か、何か困ったことはないか等、簡単にお話しして記録を残しておきます。20時以降はかけません。

20:00-23:00
・チェックイン対応 / 電話対応 / メール確認
・クレーム含め必要に応じてお客様の対応
・団体用朝食時間票の作成 – 時間が未定の団体があれば20時までにツアーリーダーと確認しておきます。

23:00 – 業務終了

*遅番は早番と比べ、お客様の対応数がかなり増えます。
暖房の使い方がわからない、写真で見た部屋と違う、ツアーを予約して欲しい、〇〇へ電話をかけて欲しい等々、様々な要望がフロントに寄せられます。

【職場環境について】
フロントチームは一言で言えば、”和気あいあい”です。マネージャーも含め、冗談言って盛り上がれる程仲良しです。出勤してきた時にそれぞれハグしたりハイタッチしてます。ホテルとしても3ヶ月に一度、スタッフBBQをするので、そこで普段あまり接する機会の無いスタッフともお喋りする良い機会になります。

【ニュージーランドで働く楽しさと、大変なことは?】
とにかく皆んながフレンドリー!日本に比べてとてもカジュアル!
ちょっとしたきっかけで(髪型いいねとか、ネイル可愛いねとか)すぐ話が始まります。
そして自然が雄大で美しい!朝日、夕日、そして満点の星空。これを仕事しながら見られるなんて最高です!

大変なことは・・・Kiwi Englishとその他各国のアクセント。
地元の方と話すと(特にご年配の方)目が点になる位聞き取れない事があります。。。ニュージーランドは移民も増えていますし、毎日色んな国からお客様がいらっしゃるので、同じ英語と言えどもアクセントの違いには悩まされます。
そして、クレーム対応。小さなものから大きなものまで、皆さんすぐに連絡されます。
クレームとなると何度も聞き返す訳にはいきませんし、お怒りな分早口の方も多いので、理解するのが大変な時もあります。

【これからニュージーランドに来る方へのアドバイス】


1.いろんなアクセントの英語に慣れておくこと
英会話学校やオンライン英会話で準備されている方は、ぜひ普段と違う先生のレッスンも受けてみる事をお勧めします。

2.自分から話すこと
あくまでも働きに来ていてお給料も頂いています。他のスタッフと同じ様に仕事もこなさなければいけませんし、スタッフ同士良い関係を築く必要があります。もちろんお客様とも。自分から話しかけなければ、話も弾みませんし、周りがフレンドリーな分、そのにはなくても近寄りがたい雰囲気になってしまう事もあります。積極的に話しかけましょう!自分から友達を作りに行きましょう!

3. 日本のスタンダードを捨てること
日本ではこうなのに…と思っていると全てが不自由に感じます。私はトイレとお風呂が一緒なのが最初すごく嫌でしたし、ヒーターもすぐ暖まらないし、バスは時間通りに来ないし、スーパーでレジの人が商品雑に扱うし…なんていちいちイラっとしていましたが、ここはNZで日本じゃ無いんだからと切り替えるとびっくりする程生活が楽になります。

また、あまり慣れていないかもしれませんが、自分の意見をきちんと主張する事も大切です。日本ではわがままと捉えられがちですが、それは日本のスタンダード。
こちらではしっかり自分の意見を言いましょう!

4. 英語で”話す”事に慣れておく
質疑応答の様な会話ではなく、より自然な会話を英語で出来る様にしておくといいと思います。日本でも外国の方は多いので、観光に来ている方やバーで見かける方等、チャンスがあればどんどん話しかけて、リアルな会話に慣れておきましょう!


*****

Harukaさん、ありがとうございました。
前向きで常に努力を怠らないHarukaさんは、職場からの評価も高いです。
Harukaさんからのアドバイスは、これからニュージーランドのワーホリを検討中の方にとって非常に参考になると思います。皆さんのお手本にしてほしい!そんなワーホリ生です。

これからもHarukaさんらしく、仕事もプライペーも全力で楽しんでください!

夢の海外生活を実現!⇒ Gina & Partnersのワーキングホリデープログラム

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談

三浦初音さん – ワーキングホリデー体験談

三浦初音さん

現在、ニュージーランド南島のマウントクックでワーキングホリデーをしている三浦初音さんから、現地でのお仕事・生活の様子を教えていただきました。写真からもニュージーランドの大迫力な美しい自然を感じることができます!是非、お読み下さい♪

国立公園アオラキ・マウントクック、大自然の中で生きる!

私は今(2019年1月)、ニュージーランドで最も高い山のある国立公園アオラキ・マウントクックに滞在しています。私にとってこれが初めてのワーキングホリデーになり、すでに半年が経とうとしています。これからもう半年ありますが、これまでに得たもの、成長したことなどたくさんあるので、ニュージーランドの素敵な写真とともに紹介していきたいと思います!

1.ワーキングホリデーをしようと思ったきっかけ

ワーキングホリデーをしようと思った理由は大きく分けて二つあり、一つ目は単純に海外で働く経験がしてみたかったということです。もともと人と話すのが好きで、飲食店でのバイトをしていましたが、今まで学んできた英語を使って海外でも接客の仕事がしてみたいと思いました。
二つ目に、自分の趣味に没頭する傍ら、将来について考える十分な時間が欲しかったということです。趣味の読書、天体観測、散歩、自然と触れ合うことの他に、たくさんの人から刺激を受けて、将来自分が本当にやりたいことを見つけ出す期間になればと思いワーホリに踏み切りました。

2.なんでニュージーランドだったの?

理由は簡単です。どこにいっても大自然の広がる山と緑の国だったから!
私はとにかくアウトドアと自然が大好きで、日本にいたときもふらっと山に散歩にいったり、川まで下って水の流れる音に癒されたり、時間を見つけては自然に触れようとしていました。星空鑑賞もとても好きだったこともあり、世界が認めた星空保護区があり、国自体が自然そのもののようなニュージーランドはまさに私にうってつけの場所でした。ワーホリを考えていたときに、偶然にもニュージーランド出身の友達ができたこともあり、ここに到着する前からニュージーランドのことが大好きになっていました。

3.Gina & Partnersを選んだ理由

私がどうやってGina & Partnersに出会ったかというと、「ニュージーランド ワーホリ」でネット検索をしたところ、星空保護区のあるテカポでワーホリの機会を提供している会社を発見!!大好きな星空のもとで一年間も過ごせたらどんなに素敵だろう、とワクワクでした。
まず、これが私の初めてのワーホリだったこともあり、ワーホリについての知識がほぼゼロだったこと、更にニュージーランドについても自然が多いことと羊が国の人口よりも多いことくらいしか知らなかったので、情報面で信頼できる存在が必要でした。その点、Gina & Partnersはニュージーランドに特化した会社であること、また渡航前に就業先が決められる(私の場合は有給インターンシッププラン②)ところが決め手でした。

4.マウントクックでの生活

私は国立公園内の小規模なカフェで働いていますが、すぐ隣にある大きなホテルに負けず劣らず終日忙しいカフェです。夜は雰囲気のいいレストランになり、接客の仕方も昼とは変わり、ほんの少しだけフォーマルになります。はじめはコーヒーや出来上がった料理を運ぶだけでしたが、慣れるにつれて、より責任のある仕事も任されるようになり、今ではレジ、電話の対応、更に消耗品の発注などもするようになりました。
朝は一番早くても九時半出勤なので、少し早めに起きて早朝の散歩に出かけたり、アコモデーションのすぐ裏にある川に行ったり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。国立公園なだけあり、いたるところに川、山、数十分で行けるハイキングコースなど目白押しです。日中はカフェで働き、仕事が終わった後はスタッフで集まって夜ご飯を一緒に食べたり、夕日を見に近くの湖にドライブしに行ったりと、仕事以外でもスタッフ同士仲がいいのがとても嬉しいです。

マウントクック村は夜になっても明かりがほぼなく、晴れの日には天の川がくっきり肉眼で見えるほど空気が澄んでいます。休みの日には、ルピナスときれいな湖で有名な隣町のテカポまでドライブがてら遊びに行ったり、私の働いているカフェが運営している氷河の洞窟に行けるアクティビティに参加したりと、とても充実しています。

また、スタッフはほぼワーキングホリデーで世界中から集まる人たちで、毎日のように自分の価値観が覆されていくのを感じています。それぞれ違った背景のもとここに集まった仲間たち同士、自分の旅の話をしたり、今までどんなところに行ってきたのかなどを語り合うことも多く、とても大きな刺激になっています。どの国の人も日本にとても興味を持ってくれ、日本人であることを毎日強く意識して生活するようになりました。日本に住んでいたときには気づかなかった自国の良さを知り、とても誇りに思うようになりました。

5.到着してから大変だったこと

まずはニュージーランド独特のアクセント、、、。アメリカに留学をしていた私には全く発音が違いすぎて、本当に相手の発する一文一句に集中しないと理解できませんでした。半年経った今ではだいぶ慣れてきましたが、はじめは本当にやっていけるか心配でした。もう一つ苦労したことは、スーパーのある隣町まで行くのに一時間かかるということ。車を持っていなかったので、毎回誰かに頼んで車を出してもらわなければいけなかったことが辛かったです。

6.成長したと思うこと

ここに来てから成長したなと思うことはいくつかあります。まず一つ目は、何事につけても度胸がついたこと。はじめは、自分の発する言葉ひとつひとつをとても意識して話していました。今の表現は変ではなかったか、きちんと通じているのかなど心配だらけでしたが、ある時からそんなことを考えている時間がもったいないと思うようになりました。自分の母語じゃないんだもの、完璧に話せなくて当然です。たとえ間違った表現をしても、笑顔で堂々としていれば相手はわかってくれます。間違いを恐れなくなると、途端に会話が楽しくなります。
二つ目に、自分の意見をはっきり言えるようになったということです。今では、違うと思ったら違う、できないことはできない、カフェのオーナーにでさえはっきりとものを言います。最初は勇気がいりましたが、自分の意志をしっかり伝えられるようになると、自然と自分はどうしたいのか、何ができて何ができないのかはっきりわかるようになります。それだけでも大きな成長だと思っています。

最後に・・・

もしワーキングホリデーに行こうか迷っている方がいれば、ぜひ挑戦してみてください!
ニュージーランドに到着して5ヶ月生活してみて思ったことは、自分が思う以上に自分はいろいろなことができるということ。ただそれを試す機会がなかっただけで、ワーキングホリデーはめいっぱい未知の自分を知る大きなチャンスです。これからあと約半年ありますが、帰国するときにはまたどれだけ成長できているのかとても楽しみです。

Hatsuneさんが参加されたワーキングホリデープログラムの詳細はこちらから → Gina & Partnersのワーキングホリデー

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談

Natsumiさん – ワーキングホリデー体験談

Natsumiさん

  • インターン配属先: Millennium Hotel and Resort Manuels Taupo
  • 期間:5ヶ月

私はオークランドの語学学校(3か月)+タウポのホテルでのインターンシップ(5か月)+カフェでのフルタイム勤務(3か月)を経験しました。

初めの海外生活で右も左もわからないままオークランドへ到着しました。
語学学校が始まるまで1週間ほど日にちがあったので街中を散策してみると、イギリス様式の建物が残っていたり綺麗な教会そして歩いて行ける距離に海があることもありニュージーランド生活が始まることにとてもわくわくしていたことを思い出します。

語学学校が始まってみると、今まで日本では出会ったことのない国籍の友人ができましたが、自分の英語力の低さ、そして様々な国籍の方たちの英語の発音の違いを理解することに悩んだこともありました。私が通っていた語学学校には通常授業に加えFreeで参加できるクラス(発音・会話)があったので少しでも英語力を磨きたいと思い毎週欠かさず参加するようにしていました。

また学校主催のイベントでスキー旅行へ行く機会があり、学校からバスに乗って2泊3日でルアペフ山というところでスキーをしに行きました。その時、履いていたスキー靴が窮屈で擦れて大きな水ぶくれができ、病院へ通ったこともいい思い出です(笑)。

放課後は友人とカフェへいったり、ニュージーランドで有名なマッスル貝を食べに行ったり、休みの日にはみんなで食材を買いBBQをしにビーチへいったりと充実したオークランド生活を送ることができました。

インターン先はニュージーランドNO.1の大きさを誇るタウポ湖の畔にあるミレニアムホテル・タウポでの勤務でした。

オークランドに比べるとすごく田舎で公共交通機関が整っていなかったのでもっぱら移動は徒歩かご近所パーティーの際に知り合ったおじいちゃんに借りた自転車でした。

勤務していた時期が春から夏にかけて(11月~3月)だったため仕事が休みの日にはホストマザーと湖へ泳ぎにいったり、ボートでトラウト釣りにいったりすることもありました。

ホテルではハウスキーピングと繁忙時にはレストランのウェイトレスとしても働いていました。

ハウスキーピングの同僚はニュージーランドの先住民族のマオリの方たちが多く、ときどきマオリ文化について教えてもらう機会があったり、クリスマスパーティーにも参加させてもらうことができました。
オークランドに居た時にはこういった経験をすることができなかったので、都会を離れて生活することもできて良かったなと思っています。

レストランでの仕事は週に1度か2度もしくはクリスマス・年末年始に掛けてしか働くことができなかったので少し心残りでした。しかしレストランに来店されたお客様と会話する機会があったこと、同僚・上司ともハウスキーピングの仕事に比べ会話をする機会が多かったのでその点では両方の仕事を経験できて良かったと感じています。

現地の若者言葉は理解することが難しいことが多々あったため、なんでこんなに自分はリスニングができないんだろうと落ち込むこともありましたが、ホストマザーにその相談をした際は「私も理解できないこと多いよ」と共感してくれたのでふっと心が軽くなったことがありました。よく考えてみると日本でも若者が使う言葉と大人が使う言葉には違いがあるなと改めて感じました。

そして、田舎での生活だったのでなかなか外で食事をする機会が無く自炊を毎日していたので料理の腕は以前より上がったかなと思っています。

インターンシップが終わり、最初の計画では日本へそのまま帰国する予定でしたが、せっかくニュージーランドにいるのだから旅行をして帰りたい、そしてバリスタの資格をとりカフェでビザが切れるまで働いてもっと英語力を上げたいと思ったのでウェリントン・ロトルア・ハミルトン等を周りオークランドへ戻り、学校へ戻りました。

そしてバリスタの資格を取る前にカフェでの仕事が決まり朝6時半から16時半までの勤務と17時から20時まで授業で毎日大忙しで過ごしていました。

ほとんどの日本人の友人たちはお寿司屋さんや日本食レストランで働いていました。

中には何十社も履歴書を持って行ってもなかなか雇ってもらえないという友人もいました。私はニュージーランドで生活している以上、どうしても日本食レストラン・日本人とは一緒に働きたくないと思っていましたが、インターンシップの経験をしていたのでカフェでもすぐに雇って頂けたのかなと思い、こちらのインターンシップ制度を利用して心から良かったな感じました。

貯金できていたお金で南島へ旅行に行き、ずっと訪れてみたかったテカポ湖へ星を見に行くことができました。数えきれない星々を見ていると今までニュージーランドで頑張ってきてよかったなこれからも頑張ろうという気持ちが湧いてきました。

最後にニュージーランドで経験したことは全て楽しいことばかりではありませんでしたが、これから生活していく上で大切な事を学べた11ヶ月でした。将来してみたいことはまだまだたくさんあるのでニュージーランドで得た英語力を活かし一つずつ実現していけたらいいなと思っています。

*ワーキングホリデーにお勧めのプログラムはこちらから → ワーキングホリデー

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談

Shoko Okaさん – ワーキングホリデー体験談

Shoko Okaさん

  • インターン配属先:Novotel Hotel Wellington

私は今回、NZの首都であるWellingtonで語学学校とインターンシップに挑戦しました。

人生の中で初めての海外生活ということもあり、このプログラムが始まる前までは緊張と楽しみでいっぱいでした。実際、飛行機の中では一睡も出来ずにNZに着きました。

Wellingtonは都会ではありますがAucklandと異なり、大人の雰囲気たっぷりの街です。街並みもどこかヨーロッパの様な雰囲気を感じさせてくれます。
美味しいコーヒーを出しているcafeが沢山あるので、休日は新しいshopを開拓しに行ったり、天気の良い日は海岸線のお気に入りのcafeに行きゆったりとした時間を楽しんでいます。

首都という事もあり、バスや鉄道はありますし南島に渡るフェリー乗り場も近いです。夜遅くまで開いているスーパーやショッピング・ストリート、大きな図書館があるので、とても生活するには便利な街です。
昨年の11月には”THE HOBITTON”のエキシビジョンがあり大いに盛り上がりました。

インターン先は”NOVOTEL HOTEL WELLINGTON”でレストランでのアテンダントをさせて頂いています。

主に朝食の担当なので、朝5時30分からのスタートです。朝食はBuffet styleとなっているので私とシェフの2人でレストランがオープンする6時30分までにセッティングを終わらせお客様を迎える準備をします。

オープン後はコーヒーを作ったり、Buffetの料理が無くならないようにトップアップしたり、テーブルの片付けとセッティング、キャッシャーをすることもあります。

また、朝食はレストランだけではなくルームサービスもあるため、時間通りに朝食を運んだり、電話でルームサービスのオーダーを取ったりしています。忙しい時は、朝食だけで150人を越えるお客様がいらっしゃいます。
一人一人に美味しい料理と満足して頂けるサービスが出来るように忙しい中でも丁寧に仕事をするように心がけています。
 

Buffetの時間が終わると、Mini-Barに行きます。これは、各部屋にスナックとアルコール類、ソフトドリンクが置かれているので、チャージ漏れがないか一部屋一部屋チェックしていきます。 
 

仕事が始まった当初は学校と違い、”生きた英語””生きた英会話”を聞きとるのが大変でした。学校ではテキストに沿ってネイティブ・スピーカーがきれいな発音で授業をしますが、いざ働く現場に出てみるとそんなに甘くない事が身にしみて分かりました。人それぞれ、発音やアクセントが微妙に異なるからです。
今まで働いてきた中での経験ではありますが、本当の”役立つ英会話”とは、ただ単にネイティブ・スピーカーとコミュニケーションができることではなく、どこの国の出身の人とでも英語でコミュニケーションがとれる事だと思いました。
 

私の数人の友人もワーキング・ホリデーでVISAでNZに来て日本人が多く働くJapanese restaurantや寿司ショップで働いています。
それを聞くと、今回私が全世界に展開しているホテルで英語を使いながらホスピタリティーを学ばせて頂く事ができて、本当に幸せな事だな、と思います。

日本に帰って、就職活動をする際の大きなポイントになると思いますし。なにより自分自身に自信が持てるようになった、貴重な経験になっています。

☆ワーホリを考えている人、迷っている人へ☆

私も、ワーホリが始まる時はとても不安でした。こんな英語で大丈夫か?と思っていましたが、みんなが使っている英語を聞き取ってい実際に使ってみたり、お客様や仕事仲間とのコミュニケーションを楽しんで取り組んで行くと、自然に不安はなくなっていきました。今は、もっと話せるようになりたいと必死です。

 ホテルでの仕事を始めた当初は緊張の連続で気付かなかったのですが、仕事仲間は自分がインターン生である事を十分理解しています。
なので、最初からスラスラ・テキパキと完璧な英語で接客を出来ることは望んでいません。チームワークやホスピタリティーを学びながら、英語も上達していけばよいのだと思います。

英語を使って世界中の人ととのコミュニケーションが出来る事って、素晴らしいですよ!!

*ワーキングホリデーにお勧めのプログラムはこちらから → ワーキングホリデー

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670

カテゴリー
ワーホリー体験談

Yosukeさん – ワーキングホリデー体験談

Yosukeさん

  • インターン配属先:Hotel St. Moritz Queenstown

インターンシップ先について

私は、クイーンズタウンにあるセイントモリッツというホテルのレストランで10か月間、ウェイターとして朝食担当をしていました。
クイーンズタウンは世界中から観光客が集まる美しい街です。

滞在中はスタッフアコモデーションに宿泊し、アルゼンチン人とインド人の3人でシェアしていました。3人とも別々のホテルで働いていたので、毎日お互いの状況について話し合ったり、時には一緒にお酒を飲んだりして楽しい日々を過ごしました。
 

ホテルインターンの仕事

レストランは、毎朝6時にオープンします。私は有給インターンシップが始まる前、語学学校でコーヒーを作るバリスタのコースを受けていたので、エスプレッソコーヒーを作る練習もしていたのですが、仕事を始めたばかりの時はコーヒーを作る自信が無く、裏で何度も作って経験を積み直しました。
そして、自分が作ったエスプレッソコーヒーを初めてお客様にお出しした時、コーヒーカップが綺麗に空になっているのを見た時は、飛び上がるほど嬉しかったことを覚えています。

インターンシップの後半は、朝食バイキングのフロアを任せてもらえるようになりました。
もし自分が寝坊したり、体調不良で来られなかったりすると、レストランはオープンできないという責任を感じましたが、一度も失敗をしたことはなく、今では大きな自信となっています。

もう一つ忘れられないのは、ルームサービスで食事を持って行った時、部屋から出てきたのは、なんとニュージーランドのラグビー、オールブラックスで活躍されているダン・カーター選手でした!
とてもうれしくて、今でもホテルで働いた1番の思い出です。
 

確実に英語が上達します!

Gina & Partnersの「有給インターンシップ」プログラムは、確実に英語が上達します。
仕事が始まった当初はスタッフの英語を理解するのが難しかったのですが、徐々に仕事にも慣れてくると余裕がでてきて、どんどん英語力が伸びていくのを実感できました。

また、英語でのマナーや接客、それ以外にもたくさんの経験が積めたので、このプログラムに参加して全く後悔していません。英語が好きになること間違いなしのプログラムだと思います。
 

最後に、これから海外インターンに挑戦する皆さんに一つだけアドバイスがあります。
ワーキングホリデービザで海外に行ってもなかなか仕事を得られず、結局日本の居酒屋や日本食レストランで働いている人を何人も見てきました。

本気で英語が上達したい方、ネイティブがいる環境で就労体験をしたい方は、是非とも「有給インターンシップ」に参加されてみてください!
人生の財産として一生自分の心に残ります。
皆さんがこれを読んで、少しでも興味が湧くことを望みます!

*ワーキングホリデーにお勧めのプログラムはこちらから → ワーキングホリデー

留学を考える人への体験談・ブログ記事

ニュージーランド留学体験談Experience

まずは無料カウンセリング

ニュージーランドに精通した専任スタッフが、ご要望にあったプランを提案します。
「どれぐらいの費用がかかるの?」 「ニュージーランドで生活するのはどんな感じなの?」など、無料カウンセリングでどんなことでもご相談いただけます。Webフォームから無料カウンセリングのご予約 / お問い合わせお電話から

TEL092-751-8670